ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | リビングウィズドッグズ(犬との暮らしの情報サイト)
ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票

軒の宿データから


新着情報宿検索宿体験記おトク情報宿感想犬連れの旅近況コラムキャンセル速報ステイウィズドッグアワード
 エリア・観光地 食事 お風呂 設備 サービス お酒 人のスポーツ 娯楽 体験 ドッグスポーツ 犬対応設備・備品 障害者受入れ 外国語 禁煙・喫煙 周辺情報 クレジットカード 看板犬 料金 アワードを受賞した宿 電子マネー
  1. ホーム
  2. 犬連れの旅
  3. [特集]初秋の信州高原旅行

[特集]初秋の信州高原旅行


旅全般

犬連れ旅を快適にするために

ペットとのドライブで注意すること

ペットと旅行するための普段のしつけ

特集記事

2016/11/27 [特集]秋の北東北と道南の旅

2016/4/2 [特集]めいと冬の北海道はじめての旅

2015/12/22 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2016年)


2015/10/9 [特集]北軽井沢・紅葉のリバーサイドウォーク

2015/5/25 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク

2015/5/9 [特集]第9回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2015/4/2 [特集]長野と群馬の間で雪遊び

2015/3/25 [特集]北軽井沢わんにゃんネットのイベント「ワンちゃんと陶芸体験」(2015)

2015/3/22 [特集]冬の会津と那須で雪とたわむれる旅

2015/3/18 [特集]讃岐うどん超S級店とコギ友と会う旅

2015/1/24 [特集]北軽井沢ワンちゃんとスノーシュー(2015年)

2015/1/23 [特集]白馬ワンだふるネット「第8回白馬ワンワン運動会」

2014/12/11 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2015年)

2014/10/12 [特集]蓼科高原・蓼科もみじまつり〜わんわん仮装パレード&バーベキュー

2014/10/10 [特集]北軽井沢・紅葉のスカイウォーク&バーベキュー

2014/5/13 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク&満天ランチ

2014/4/25
[特集]美土里の洞と北軽井沢わんにゃんネットとのコラボ企画「ワンちゃんと陶芸体験」

2014/3/21 [特集]第7回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2014/2/11 [特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんスノーシューウォーク in 長門牧場

2014/1/13 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2014年)

2013/11/14 [特集]春の房総、海の幸と森をめぐる旅

2013/10/2
[特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんウォーク(第10回)

2013/3/26
[特集]冬の信州、美術館と宇宙を感じる旅

2013/9/24 [特集]白馬ワンだふるネット「第5回白馬ワンワン運動会」

2013/3/26
[特集]冬の犬連れ軽登山に挑戦

2013/1/24 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2013年)

2012/12/22 [特集]都心から半日の旅、紅葉の御岳山へ

2012/12/19 [特集]中央道・笹子トンネル崩落事故後の迂回路(御坂みち経由)

2012/12/8 [特集]わんわんスノーパーティー in 清里高原

2012/10/11 [特集]第4回清里わんわんウォーク「秋の森歩き」

2012/9/10 [特集]蔵王クランドアニマーレ2012秋のワンちゃんイベント

2012/7/26 [特集]ビーナスライン飛行犬撮影会

2012/7/5 [特集]わんわんグリーンパーティー in 清里高原

2012/2/25
[特集]白馬ワンダフルネット「第2回白馬ワンワン運動会」

2012/2/11 [特集]雪まみれになりに蓼科へ

2012/2/8
[特集]ウィズペットルームでの犬連れ船旅(大分から神戸)

2012/1/12
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2012年)

2011/12/28
[特集]冬の乗鞍高原で犬連れにうれしい情報!

2011/10/17 [特集]白馬ワンダフルネット「第1回白馬ワンワン運動会」

2011/9/9
[特集]蔵王クランドアニマーレ「第一回ワンちゃんイベント」

2011/8/25
[特集]犬連れで福島を応援しよう!

2011/4/4
[特集]早春のスノーシュー北軽井沢の旅

2011/1/5
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2011年)

2010/4/6
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2010年)

2009/5/14
[特集]スキーと花の季節の合間、春の尾瀬の旅

2009/2/19
[特集]八ヶ岳の森でスノーシュー

2009/2/8 [特集]冬の那須はスノーシューと温泉と蟹三昧

2009/1/26
[特集]2009年北軽井沢ワンワンフェスタ第6回

2008/12/17
[特集]初秋の信州高原旅行

2008/12/12
[特集]春の益子・笠間陶器市の旅

2008/12/4 [特集]紅葉を見に北東北への旅

2008/11/23
[特集]秋の神戸帰省と讃岐うどん巡礼の旅

2008/9/3
[特集]伊豆わんこタウンの秋のイベント「第2回わんこ達のお祭りだぁ?い」

2008/1/20
[特集]2008年北軽井沢ワンワンフェスタ第5回

2007/10/12
[特集]ノンとゴンの清里旅行

2007/5/14
[特集]冬の北海道犬連れ旅行(流氷リベンジ)

2007/4/26
[特集]わんこと一緒に 白馬アウトドアプラン(1)

2007/1/10
[特集]2007年北軽井沢ワンワンフェスタ第4回

2006/9/24
[特集]冬の北海道犬連れ旅行

2006/8/30
[特集]長野ビーナスラインがペット連れに快適に

2006/6/3
[特集]「伊豆わんこタウン」発足

2006/1/11
[特集]2006年北軽井沢ワンワンフェスタ第3回

2005/10/21
[特集]富士五湖・清里の旅

2005/10/3 [特集]初めての犬連れ飛行機の旅 - 目的地は北海道

2005/7/17 [特集]夏休みは思い切って岩手に行こう

2005/4/25
[特集]特別な日はオーベルジュで!

2005/3/7 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ2005体験記

2005/1/15
[特集]北軽井沢の冬の楽しみ方

2004/11/12
[特集]伊豆・箱根

2004/7/28 [特集]犬連れリゾート裏磐梯に注目!

山歩き

2004/9/22
国立公園は犬規制?

2002/4/24 犬連れ登山愛好者の徒然なるままに

2002/3/14
犬連れ登山へのメッセージ

2002/3/3
自然保護を考える

2002/3/1
犬連れ山歩きは自然破壊につながる?

2002/3/1 山歩きトップ

森林浴を楽しもう

[蓼科高原(長野県)]

2002/11/17
とけん峡散策

[田貫湖(静岡県)]

2003/10/5
田貫湖サイクリングコース

[乗鞍高原(長野県)]

2002/5/3
東大ヒュッテ散策

[峰の原高原(長野県)]

2000/7/25
緋の滝自然遊歩道
2001/5/4
途中までの根子岳登山

[裏磐梯(福島県)]

2000/5/5
中瀬沼クロスカントリーコース
2000/5/5
小野川不動滝コース
2002/8/2
秋元湖
2002/8/3
吾妻川渓流探勝路

[名栗村(埼玉県)]

2000/4/2
小殿(竹寺登山口)〜竹寺コース

[箱根(神奈川県)]

99/11/16
湖尻〜大湧谷コース

[清里高原(山梨県)]
99/11/16
川俣渓谷への小道
2000/1/2
クロスカントリースキーコース


2007年9月23日(日) - 1日目

紅葉にはまだ早いのですが、気分のリフレッシュと妻の腰痛治療の為に温泉、そして新しく買い換えた車のならし運転を兼ねた小旅行に出かけました。行き先は霧ヶ峰周辺。

渋滞が決まった時間に始まる中央高速を見越して早めに家を出ました。ちょっとだけ流れが悪くなった所がありましたが、ETC割引時間をうまく使う為途中一旦高速を降りましたが、目的の諏訪ICを8時すぎに通過。釜飯で有名なおぎのやの前を通りR299経由R152へ入ります。
ナビが正確に案内してくれて、第一目的地である横谷渓谷の駐車場に到着。クロックスからトレッキングシューズに履き替え、いざ渓流沿いの散歩へ。朝の森の空気が満ちている中、階段を降りていくと早朝なのに既に観光客が数人、盛大にしぶきをあげている乙女の滝で記念撮影していました。

空は曇っていてちょっと残念ですが、我が家も記念撮影。そこからが散策のスタートです。腰の調子があまりよくない妻の為に、楽そうなルートでゆっくりと渓流沿いの散策路を上流に向かって水はけもよいコースをくーと一緒に歩きます。
川には鉄分が含まれる水が流れ込んでいるせいか、所々色が茶褐色に変色しているのが見えます。途中大きなホテル脇を抜けたりしますが、紅葉にはまだちょっと早いせいか、ゆっくりと歩けます。

真冬には氷瀑になるという滝までいって、ひと休憩後に折り返しました。すれ違うハイカーにくーは大喜び。色々な人にたくさん撫でて貰って大満足のようです。
車に戻ったあと、次回訪れた時の為にと、上流の横谷観音側の入口を調査をして、お昼を食べに白樺湖方面へ。情報では人気のあるお店なので混むかもしれない為、急いで移動。ちょっと迷いましたが、大きなテニスコートの脇に、森に囲まれた静かでいい感じの「レストランひいらぎ」を見つけました。

車を停めてお店に入ると、テラスなら犬連れでも入れるかと思いきや、既にシーズンが終わっているらしく食事は店内のみとなっていました。なのでくーは車でお留守番。丁度お昼をまわった時間なのですが、お店はなんと私達だけの貸し切り状態でした。妻はドイツ風、私は辛いというメキシコ風の手作りハンバーグを食べました。
今日泊まる所がこの近くにあるはずなのですが、時間がまだ13時だったので、ビーナスライン上の美ヶ原高原美術館まで足を伸ばす事にしました。高原の雰囲気満点の車山や霧ヶ峰を抜けます。車の量は多い割には渋滞はしていません。

20年以上前に私はこの車山で初めてのスキーをしたのですが、殆ど記憶がありません。大きなバイクのツーリストも目立っていましたが、天気が曇っているだけでなく、標高をあげる毎に霧が濃くなっていきました。それでも気持ちがよい空気なのでサンルーフを開放して走ります。
途中八島ヶ原湿原が賑わっていました。濃霧の中で駐車場の中ですら見えない始末。しかし目を凝らすと満車に近い車がひしめき合っていました。ここは散策路の入口にお金をかけた犬禁の看板が建っていますが、霧ヶ峰地区全体としては犬禁ではありません。複雑な事情があるようですが、何にしても散歩ができないのはとても残念でした。長野県には白馬エリアや麦草峠周辺など、犬禁が多い県としても有名です。

逆に大量の観光客を受け入れている事から、山のように排出されるごみと吸殻は相当なもので、ごみの集積場所が横にあったのですが、それはそれは巨大なスペースでした。ごみが出るものやタバコを販売するレストハウスが湿原の手前に建っているのですから当然のようなものです。

このエリア全体を包括する霧ヶ峰のメーリングリストでは、犬禁ではなく犬連れのマナーアップを呼びかけているようで、これには大賛成。それを実践するのも、私達訪れる犬連れ観光客の役目です。ただそれすらさせてもられない状況が現実なようです。

早々と八島ヶ原湿原の駐車場を退散し、高度をあげていくとどんどん霧が濃くなっていきます。白色のフォグランプはあまり意味をなしませんが、青白く明るいディスチャージヘッドランプはもっと見にくくなるので車幅灯とフォグだけで走ります。途中イギリス製の先行車がリアフォグを点けていてこちらも助かりました。これはさすが霧のメッカの欧州で生まれたものだなと感じます。ボンネット脇に見えるセンターと路肩のラインと、先行車の有無を同時にチェックしながら、集中して走りました。カーナビだけが着実に目的地に近づいている事を示してくれています。突然看板が表れ、駐車場に入れると驚くほどたくさんの車が停まっているのに気がつきました。

美術館入り口の近くに車を停めて、食後から我慢してもらっていたくーを早速外に出しました。薄い霧でしっとりと体が濡れてしまうので、ゴアテックスのパーカーを被ります。美ヶ原高原美術館は犬の入場は許されていますが、この濃霧では何も見えないので近くにあるという散策路に向かいました。突然の濃霧で真っ白な空間の中、響きわたる14時のアモーレの鐘の音にびっくり。それはそれは凄い音でした。

美術館の周辺に整備されている遊歩道には木道が整備され、霧の中だがいい感じで歩けます。ちょっと湿っているので滑りやすいのに気をつけながら、他に歩いている人はまったくいない中行ける所まで行こうと歩いていくと、霧の向こう側から人の声や車の走行音が聞こます。どこにそんな人がいるのかと見回してみると、その声は美術館の敷地内を歩いている人のものだというのがわかりました。霧の中だと音がどこからしているのかも判りにくいものです。
20分位ゆっくり歩くと、牛伏山山頂に到着。沢山ケルンが積まれ誰かの顔のレリーフがありますが、他に何も見えません。途中の分岐から、山本小屋方面へのルートが伸びているようです。

くーはこんな所でも、何をするまでもなく歩いているだけで楽しいようです。ゆっくり1時間位かけて周辺を歩いて、駐車場の前にある土産物屋でソフトクリームを買って、食べながら山を降りました。

峠の下りは相変わらず視界は酷く悪いので、先行車に追いつくとそのペースで走る事になります。私達は長門方面に抜ける脇道に折れ、そこからは前にも後ろにも車はなく、気持ちよく山を下れました。
下りきった所にある長門温泉やすらぎの湯という派手な看板のクアハウスに立ち寄ります。それほど混んでもおらず、しかし露天がない上に温泉度が低いようでカルキ臭のするお湯でしたが、300円という値段なのでほどほどに満足です。由は腰の治療も兼ねている為、少しゆっくり入ってきてもらい、私はマッサージチェアで100円で体をほぐします。

時間も17時近くなったので、宿へ向かいました。目指すは姫木平にあるエコーバレースキー場のペンション村。この宿の予約を取ったのは3日前。雰囲気がちょっと私達の定宿である弟子屈の宿に近く、値段も手頃、そして犬OKの宿です。またウェブの情報をみると、楽しみな事にコーギーがいるようでした。

駐車場のある場所から、宿の建物は下に見えます。玄関までは階段を下り、エントランスで声をかけても誰もおらず、すると食堂の厨房で仕込み中のオーナーさんが出てきました。案内された部屋は階段をあがったりさがったりしながら奥の方へ。部屋の天窓からは我が家の車が見えました。

案内された部屋でちょっと休憩。すぐに食事の声がかかりました。くーにはクレートの中で待ってもらい、飼い主は食堂へ。ちょっと不満気な態度でしたが、我慢して貰います。今日は3連休の中日なのですが、私達以外にはお客さんは年配の犬連れご夫婦が1組と静かな夜です。

食事はコース料理で、ビートルズがずっと流れています。夕食はグラスワインがついて、キャベツのスープ、魚料理、サラダ、肉料理とライス、デザート、コーヒーor紅茶という内容。量的にも充分なものでした。

食後、まだ19時すぎでしたが くてたまらず、妻は既に布団で寝息をたてていました。私はテレビで天気を確認したり、カメラ類を整理したりした後ゆっくりお風呂に入ると一気に睡魔がやってきて、すぐに寝てしまいました。

オーシャン・クルーズイン の体験記はこちら

2007年9月24日(月) - 2日目

昨晩早く寝たにしては普段よりも遅く、6時に目が醒めました。私は頭痛がちょっとあったので頓服を飲み、ご飯前にくーと霧に煙ったエコーバレーの駐車場まで散歩です。

しっとりと涼しくて気持ちがいい空気で、くーは臭いかぎに忙しく動きまわります。霧に煙っていてよくみえませんでしたが、すぐ近くにリフト乗り場があるようでした。
30分ほどぶらぶらと歩きましたが、殆ど人とは出会いませんでした。宿の駐車場に戻ると丁度宿のコーギーちゃんあんずくんも散歩から帰ってきた所。

体格のしっかりした、スタンダードな男の子でした。くーはめずらしく遊ぼう攻撃をしかけてじゃれあいます。
適当な所で朝食の為に宿へ。8本の足を拭いてくーは食事の間、部屋のクレートの中で休んでいて貰います。暖かい朝食を頂いたあと、記念撮影をさせて頂き、宿をあとにしました。

今日は天気もあまりよくないので山ではなく町へ、思い切って清里へ向かいました。車と人がたくさん居るのに犬禁という白樺湖を抜け、昨日通ったルートを通り、麦草峠をパス。白駒池も丁度よいトレッキングルートなのに犬禁なので我々は通過します。野辺山を抜けいつも大混雑の清泉寮へ。外気が冷えている中定番のソフトクリームを食べてトイレを済ませたあと、久しぶりの清里駅前へ。

昼食にそば屋でとろろそばと大ざるに、天ぷらの盛り合わせを頼み、腹ごしらえをしたあとに駅前を歩いてみます。濡れ煎餅を売っているお店で串焼きにされたものを買い、食べながら相変わらず凄いセンスの土産物屋をひやかして、清里をあとにしました。
国道を野辺山を抜けようとした所で、産直の野菜を売っている出店でちょっとだけ買い物をします。他にもっとよい野菜の販売所はあるのですが、ここはちょっと観光地色が強く、地元産以外も多く売られていました。

特に裏道も使わずコスモス街道に入り、1年ぶりに内山牧場へ。しかし先日の台風9号の影響で、トンネル西側からのルートは崩壊しているとの事を事前に調べていたので、トンネルを抜けた先の群馬側から上がりました。相変わらず狭く暗く、その上濃霧というおまけ付きの山道をくねくねと登っていきます。到着した駐車場もドロドロ。どうなるか容易に想像できましたが、せっかくなのでパーカーを被って大コスモス園まで歩きました。

台風9号で花がたくさん倒れてしまったと聞いていたので、あまり期待はしていませんでしたが、全滅という状態でもありませんでした。幻想的な霧の流れる中、ずっと先まで広がる色とりどりのコスモスの花は揺れています。これはなかなか他では見られない絶景です。ただもうちょっと早くに来るべきだったという事と、霧のない日、青空の日に来てみたいと思うのでした。

こんな天気でも観光客は来るようで、おまけに写真を撮っている人は三脚をたてて霧が抜けるのを待っているようでした。くーの写真を何枚か撮影していると、一瞬青空と日差しが。全部が見通せた訳ではないですが、初めてコスモス園全体を望む事ができました。

散歩が終わったあとのくーの足やおなかは大変な事に。ペットボトルに水を汲んで、少しづつ流しますが当然綺麗には落ちません。ある程度で諦めて、クレートに入って貰い、自然乾燥。室内のエアコンをちょっと強めにかけて、人間の頭も乾燥させます。
また昨年も寄りましたが、冷えた体を温める為に荒船の湯で温泉に入ります。今回も霧雨の露天風呂でしたが、体を温めたあと、100円のマッサージチェアでリラックス。その間くーはおとなしく車の中で待っていました。

妻が風呂から出てくる前に、渋滞情報を調べてみると、どうも前橋JCTの前後で断続渋滞で30kmとの事。そのまま帰宅ルートだと下仁田ICから乗るのですが、降りる練馬ICでは100kmを越えてしまい、ETC割引率が悪くなってしまうので、渋滞解消を見越してひとつ先まで下を走る事にしました。しかし下道も大渋滞。裏道にも途中まで出られずしばし我慢となってしまいます。

富岡ICで高速に乗り、渋滞はあまり解消していないという情報から、藤岡ICに併設されているPAで休憩、と思っていたら、ここは外からも訪れる事ができる施設なので、精肉まで売っています。食事ができる店も数店舗に別れてあったので、ここでゆっくりと夕食にしました。普通のSAより満足できるメニューがあってラッキーでした。

それからはノンストップで帰宅。ETC割引で高速代は無事半額になりました。3連休の最終日にしては混雑もうまく回避できた形で上出来です。

家の手前でドロドロになった車のボディとマットを洗い、綺麗になって帰宅。天気の悪かった小旅行でしたが、車のナラシにも丁度よい距離でした。紅葉のピークにまた行きたいと思います。

Travel date : 2007年9月

(2008/12/17掲載)
(東京都、Yさん  くーたら日記
Hill Breeze)

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム
お泊まり応援券が使える宿

おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想(口コミ・評判) | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴

キャンセル速報 宿体験記投稿フォーム

宿利用者マナーとルール

ステイウィズドッグアワード2019結果発表

ステイウィズドッグ公式Facebook

ステイウィズドッグ公式ツイッター



[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング
山小屋
古民家


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


s(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


ホーム | 会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 特典・キャンペーン・イベント掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿詳細データを登録する | 宿を登録する

Copyright © 1996- LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。