ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ

ステイウィズドッグアワード

ステイウィズドッグアワード

こだわり検索» エリア・観光地 | 食事 | お風呂 | 設備 | サービス | お酒 | 人のスポーツ | 娯楽 | 体験 | ドッグスポーツ | 犬対応設備・備品 | 障害者受入れ | 外国語 | 禁煙・喫煙 | 周辺情報 | クレジットカード | 看板犬 | 料金 | アワードを受賞した宿 | 電子マネー

  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 乗鞍高原 - ペンション小さな国
  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 乗鞍高原 - ペンション小さな国

宿体験記

乗鞍高原 - ペンション小さな国 2014年3月末で閉館

宿体験記

乗鞍高原 - ペンション小さな国 2014年3月末で閉館

4月29日(みどりの日)、素晴らしいお天気です。前半のゴールデンウィークの最終日私達は一路信州に向けて出発しました。いつもの通り、あちこちのサービスエリアでは、犬連れ旅行者と情報交換をしましたが、家族の形態もずいぶん様変わりして来ました。
これまでは、我が家のような夫婦と犬のパターンが大部分でしたが、夫婦、子供達と犬、若夫婦老夫婦と犬、です。

家族全員に愛されている犬なんでしょうね。とても微笑ましく感じました。さすがに登り車線は渋滞ですが、これから山に向かう車は少なく、お昼には松本インターに到着しました。今回は、信州乗鞍に2泊、妙高に1泊です。

乗鞍は、一部屋だけ犬連れに開放して下さっている「小さな国」さんを訪問してみました。

まずはチェックイン前に、お宿の場所を確認し、それからは一ノ瀬園地に向かいました。トレーシーはしっかり一ノ瀬園地を覚えていて、駐車場に止めた途端、もう早く小川のある場所に行きたくて我が儘ほうだいです。今月でもう10才だというのに子犬のように喜んで早く行こうとせっつきます。情けないです。このやんちゃな犬ぶりは親を喜ばせようとしているのか? ほんとに嬉しくて仕方がないのか? トレーシーは精一杯私達に付き合ってくれますから。
一ノ瀬園地は春真っ盛りでした。草地も新緑が日一日と増し、新芽がふき、木々の葉もやさしい黄色から黄緑へと。水仙が小川のあちこちに咲いています。河原で昼寝をする人、お弁当を広げる人、中型犬を小川で遊ばせる人、穏やかな春の一日です。これも乗鞍高原の楽しさの一つでしょう。

そして不思議に思ったのは2年前に来たときは、牛があちこちにいたのに今は1頭もいないのです。それもその筈です。この一ノ瀬園地牧場は夏の牛たちの避暑地になっているそうです。6月頃にたくさんの牛が来るそうです。トレーシーはというと小川で水遊びをし、もっと遊びたいというのを、老犬なので、思う存分遊ばせ過ぎて、後で疲れさせてもという心配から、「今日はこれでおしまい」と言い聞かせるのに大変でした。

ペンション「小さな国」さんは、乗鞍高原の入り口近くにあります。ペンションの前は「小さな国」専用の池です。夕方になると鴨の夫婦が訪れて、オーナーがパンを投げていました。水芭蕉、行者大蒜、とお庭に足を踏み入れなかったのですが、色々な植物が新芽をふいています。玄関の入り口には素晴らしい木蓮が咲いています。雪の重みで枝が折れかかっているのに立派な花を咲かせていました。

「小さな国」さんは、毎年来て下さるお客様が、ペットと暮らし始めて、来れなくなってはという思いから、一部屋をペット可として下さったそうです。その一階のお部屋は、車椅子も対応できるお部屋です。
さて、犬用の簡易足洗い場(写真右)で足を洗い、早速、「小さな国」のココアちゃんとご対面です。年齢的にも同じくらいですので、どっちが上? なんて犬同士計り合いながらセロモニーは終わりました。
さすがに今日の長時間ドライブと、水遊びですから、トレーシーはクレートでぐっすりと寝てしまいました。

私達はと言うと、二つの内風呂と露天風呂があります。明るいうちからビールなぞを、池の景色を肴にしてのんびりした風呂上がりを楽しみました。静けさ、風の心地よさ、空気のおいしさ、そんな場所でした。

一ノ瀬園地の自然ももちろん素晴らしいのですが、庭園のように整地されたりと、作られた公園のような部分があります。

乗鞍の自然は、そのような場所にではなくとも、「小さな国」さんの周りやそこかしこにあります。今回の旅は「自然って?」と「犬と自然破壊」を考えながら、人に優しい、動物に優しい自然環境、そんな思いを抱いて乗鞍を訪問しました。

2晩泊まりましたが、「小さな国」のダイニングでなにやら集会があっても、お部屋までは聞こえない。お客も私達以外に3人の方がいらっしゃいましたが、とにかく音が響かない。建物自体が強固にされており、壁の厚さにはかなりこだわりを感じました。人の話し声や、歩く振動が感じるようなお宿では、せっかく高原の静けさを楽しみに来ても、台無しですものね。水の音と、鳥のさえずり、木々の葉ずれの音しかない 晴らしいお宿でした。もちろんお客様が少なかったという事もラッキーだったとは思いますが。

夕食のあとのオーナーとの交わしたおしゃべりは、オーナーの知識の深さ、こだわりの多さには驚かされます。
パソコンからインターネットについてのうんちく。山、地域についてのうんちく。何を議題にしても、その話題で1時間は持つだろうと思うような知識量に圧倒されつつ、たくさんの自然に関してのレクチャーを受けたのです。博識なオーナーとやさしい奥様、そして愛くるしいココアちゃんのお宿です。
また、こちらの宿は、各部屋にネットワークのコネクターが装備されている先進的な宿で、リビングにはゲスト用のパソコンもありますし、ノートパソコンを持参すれば乗鞍高原での常時接続もできます。

翌日は、昨日のお天気が信じられないような悪天候です。「小さな国」オーナーが教えて下さった犬連れトレッキングには最適なスポットを体験しました。そのお話はこちらへ。

(2002/05/03)(LIVING WITH DOGS)

新着情報

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォームステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム


お泊まり応援券が使える宿お泊まり応援券が使える宿


キャンセル速報キャンセル速報


宿体験記宿体験記


宿利用者マナーとルール宿利用者マナーとルール


ステイウィズドッグアワード2021の結果ステイウィズドッグアワード2021の結果


ステイウィズドッグ公式フェイスブックステイウィズドッグ公式フェイスブック


ステイウィズドッグ公式ツイッターステイウィズドッグ公式ツイッター


宿をさがす


[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿



[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿