ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | LIVING WITH DOGS

軒の宿データから


伊豆河津町 - ホテル四季の蔵 和食処くらの坊


北海道
北海道の体験記

東北

青森県の体験記

秋田県の体験記

岩手県の体験記

山形県の体験記

宮城県の体験記

福島県の体験記

関東

群馬県の体験記

栃木県の体験記

埼玉県の体験記

茨城県の体験記

千葉県の体験記

東京都の体験記

神奈川県の体験記


甲信越

新潟県の体験記

長野県の体験記

山梨県の体験記


東海

静岡県の体験記

愛知県の体験記

岐阜県の体験記

三重県の体験記


北陸

富山県の体験記

石川県の体験記

福井県の体験記


近畿

滋賀県の体験記

京都府の体験記

奈良県の体験記

和歌山県の体験記

大阪府の体験記

兵庫県の体験記


中国

鳥取県の体験記

島根県の体験記

岡山県の体験記

広島県の体験記

山口県の体験記


四国

香川県の体験記

愛媛県の体験記

徳島県の体験記

高知県の体験記


九州

福岡県の体験記

佐賀県の体験記

長崎県の体験記

大分県の体験記

熊本県の体験記

宮崎県の体験記

鹿児島県の体験記


沖縄

沖縄県の体験記


これまではホテル四季の蔵に宿泊すると、ホテル内のイタリアンレストラン「オッキドーロ」での食事、もし連泊の場合は、提携の和食処へのご案内もされていましたが、この春、念願のホテル四季の蔵がプロデュースする和食処「くらの坊」が立ち上がりました。
早速、体験してみましたので一足早くご紹介します。

場所は、ホテル四季の蔵から車で5分ほどです。宿泊者はホテルの送迎付きです。だから心配なくアルコールもいただけます。

四季の蔵の建物や内装、家具、置物のセンスの良さは定評がありますが、こちらの「くらの坊」も昭和初期の別荘をリニューアルしています。
外装・内装・しつらえのイメージは大正ロマン。

家具類は、江戸時代の小箪笥、明治時代の茶箪笥、英国アンティークテーブルなどが何気なく置かれています。

入り口の正面の大テーブルの上には大きな火鉢が花入れになっています。
天井はというと太い梁をそのままに、むき出しの天井に簀の子を貼り、高く広い空間を見せています。席数15名ほどの狭い空間ですが高さがあることで狭さを感じない効果があります。そこに電球を使ったやさしい照明が大正ロマンをより感じさせます。

オープン・キッチンのカウンターでは、対面するお客様に料理人が食材のうんちく等を語りながらの楽しい夕餉となります。
そして窓から、1時間置きにお湯が噴き上がる素晴らしいショー(峰温泉大噴湯)を眺めることが出来ます。
さて、お料理です。
全国で腕を振るっていた和食料理人、以下、親方と呼ばせていただきます。
地の野菜にこだわる親方の作る出汁はたくさんのかつを節からつくられるそうです。


さて、本日の春らしい「卯月のお献立」からご紹介しましょう。
 

先出し(3つ) ニラと桜海老浸し

地のニラは丈が短く独特のアクがありますが、親方の出汁と生の桜海老がマッチしてやさしいニラになっています。
本山葵の小巻牛あぶりすし

牛のあぶりを鮨仕立てにして、巻物は山葵そのものを味わって。
  帆立と独活山葵和え

帆立の弾力と独活のしゃきしゃき感の食感は妙に合います。
わんもの 地魚と海老

金目鯛と海老の椀もの、お椀は、オーナー家の蔵から掘り出されたご先祖様の椀を使用。
 
生もの さざえと姫皮筍

筍の姫皮を細く千切りに親方のだし汁でさっと煮て、さざえのコリコリとした歯ごたえと柔らかい姫皮を一緒に、鰹で一味加えた醤油をちょっと、絶妙なお味でした。
やきもの(2つ) 筍はさみ焼き

備長炭で焼いた筍の間には天城の地鶏。筍の甘みと地鶏の薄塩仕立て。
金目鯛自然薯焼き

伊豆の金目鯛での2品目、粘りのある自然薯は親方のお出汁で味付け、その上に金目鯛、皮はパリパリに身はふんわりと。
小鍋 新ピースと厚揚針生姜

和食ではあまり使わないグリーンピースは、一個一個薄皮を剥いて使用。厚揚げは自家製。親方の出汁に揚げ出し豆腐と口当たりの良いピースに針生姜がピリッと絶品でした。
油もの 山菜天ぷら(筍、のびる、たらの芽、うるい、白み魚とアスパラ)

揚げ物はたまにしかしないという親方、春だからこそ春の山菜を天ぷらに。親方おすすめの塩でいただく。料理人のこだわりの塩は静岡産の地の塩で。

塩以外に、山椒、黒胡椒、ごま、柚唐辛子などの薬味が付くので、いろいろ試してみました。
筍御飯

土鍋で炊いた筍御飯、お米は山形庄内産「はえぬき」。ぴっかぴっかの御飯に柔らかい筍、最初はちょっと堅めの食感を、おかわりは、蒸らした御飯になって。親方のおすすめの塩をちょっとふるとまたひと味違って。
最後の「菓子」は、葛水仙やきりんごくろみつ。吉野葛を使った葛切りに低い温度で焼いたリンゴくろみつに付けていただきました。
全てのお料理は語れば色々あるというくらいに美味しかったです。

そしてお料理を引き立たせる器が、今時ではおそらく手に入らないという骨董品です。
使われる食器類は、江戸時代? の磁器類の焼き物、塗り物? と今ではなかなか揃わない逸品ばかりです。
時代ははっきりしませんが。ちょうど良い大きさのお皿の数々。塩などを入れるお猪口、ほそくすっきりとした美しい首を持つ徳利など。
かつてオーナー家のご先祖が大事にしていた食器類が、久しぶりに日の目を見て表舞台に並びました。
さて、この「くらの坊」、愛犬と泊まれる「ホテル四季の蔵」のプロデュースですから、もちろん愛犬と共にお食事できます。

当日は、ホテルにお泊まりのミニチュアダックス2頭とチワワの飼い主さんご夫妻、ボーダーコリーのご夫妻が同じ献立をいただきました。お食事中は犬達はもちろんテーブルの下で良い子にしています。

現在は「くらの坊」はホテル宿泊者のみのダイニングとなっていますが、今後、ランチや予約で夕食をというお客様にも対応するそうです。

隣が峰温泉大噴湯ですから、犬連れ観光の後のランチにはもってこいの立地ですね。大噴湯を見物の計画を立ててランチを予約してみて下さい。

ちなみにランチのお値段はと伺いましたら、2000〜5000円位。また気軽な丼ものも考えているようです。親方のお出汁で作る丼美味しそうですね。

伊豆半島は犬連れにずいぶん優しくなりましたが、美味しい和食を犬連れで味わえて、おまけに大人の雰囲気が味わえるところはまだ少ないと思います。

この日は、別邸COCOROへ泊まりました。
体験記は、こちらです。

(2009/4/15)(LIVING WITH DOGS)

和食処 くらの坊

お問い合わせ
ホテル四季の蔵

電話
0558-32-2561

場所 : 河津町峰温泉大噴湯公園横

ランチタイム 11:30〜13:30
カフェタイム 13:30〜17:30
ディナータイム 18:00〜

定休日 不定期 (まずはお問い合わせて下さい)


親方!ごちそうさまでした。


ホテル四季の蔵・別邸COCOROの体験記3を見る
ホテル四季の蔵・別邸COCOROの体験記2を見る
ホテル四季の蔵・別邸COCOROの体験記1を見る
ホテル四季の蔵・くらの坊の体験記2を見る
リスの庭の体験記2を見る
リスの庭の体験記1を見る
ホテル四季の蔵の体験記5を見る
ホテル四季の蔵の体験記4を見る
ホテル四季の蔵の体験記3を見る
ホテル四季の蔵の体験記2を見る
ホテル四季の蔵の体験記1を見る

この宿のHPへ





おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想 | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴












[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 詳細データ掲載 | おトク情報(特典・キャンペーン・イベント)掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿を登録する

Copyright © 1996-2017 LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。