ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | リビングウィズドッグズ(犬との暮らしの情報サイト)
ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票

軒の宿データから


新着情報宿検索宿体験記おトク情報宿感想犬連れの旅近況コラムキャンセル速報ステイウィズドッグアワード
 エリア・観光地 食事 お風呂 設備 サービス お酒 人のスポーツ 娯楽 体験 ドッグスポーツ 犬対応設備・備品 障害者受入れ 外国語 禁煙・喫煙 周辺情報 クレジットカード 看板犬 料金 アワードを受賞した宿 電子マネー
  1. ホーム
  2. 犬連れの旅
  3. 犬連れ登山へのメッセージ

犬連れ登山へのメッセージ


旅全般

犬連れ旅を快適にするために

ペットとのドライブで注意すること

ペットと旅行するための普段のしつけ

特集記事

2016/11/27 [特集]秋の北東北と道南の旅

2016/4/2 [特集]めいと冬の北海道はじめての旅

2015/12/22 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2016年)


2015/10/9 [特集]北軽井沢・紅葉のリバーサイドウォーク

2015/5/25 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク

2015/5/9 [特集]第9回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2015/4/2 [特集]長野と群馬の間で雪遊び

2015/3/25 [特集]北軽井沢わんにゃんネットのイベント「ワンちゃんと陶芸体験」(2015)

2015/3/22 [特集]冬の会津と那須で雪とたわむれる旅

2015/3/18 [特集]讃岐うどん超S級店とコギ友と会う旅

2015/1/24 [特集]北軽井沢ワンちゃんとスノーシュー(2015年)

2015/1/23 [特集]白馬ワンだふるネット「第8回白馬ワンワン運動会」

2014/12/11 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2015年)

2014/10/12 [特集]蓼科高原・蓼科もみじまつり〜わんわん仮装パレード&バーベキュー

2014/10/10 [特集]北軽井沢・紅葉のスカイウォーク&バーベキュー

2014/5/13 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク&満天ランチ

2014/4/25
[特集]美土里の洞と北軽井沢わんにゃんネットとのコラボ企画「ワンちゃんと陶芸体験」

2014/3/21 [特集]第7回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2014/2/11 [特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんスノーシューウォーク in 長門牧場

2014/1/13 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2014年)

2013/11/14 [特集]春の房総、海の幸と森をめぐる旅

2013/10/2
[特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんウォーク(第10回)

2013/3/26
[特集]冬の信州、美術館と宇宙を感じる旅

2013/9/24 [特集]白馬ワンだふるネット「第5回白馬ワンワン運動会」

2013/3/26
[特集]冬の犬連れ軽登山に挑戦

2013/1/24 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2013年)

2012/12/22 [特集]都心から半日の旅、紅葉の御岳山へ

2012/12/19 [特集]中央道・笹子トンネル崩落事故後の迂回路(御坂みち経由)

2012/12/8 [特集]わんわんスノーパーティー in 清里高原

2012/10/11 [特集]第4回清里わんわんウォーク「秋の森歩き」

2012/9/10 [特集]蔵王クランドアニマーレ2012秋のワンちゃんイベント

2012/7/26 [特集]ビーナスライン飛行犬撮影会

2012/7/5 [特集]わんわんグリーンパーティー in 清里高原

2012/2/25
[特集]白馬ワンダフルネット「第2回白馬ワンワン運動会」

2012/2/11 [特集]雪まみれになりに蓼科へ

2012/2/8
[特集]ウィズペットルームでの犬連れ船旅(大分から神戸)

2012/1/12
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2012年)

2011/12/28
[特集]冬の乗鞍高原で犬連れにうれしい情報!

2011/10/17 [特集]白馬ワンダフルネット「第1回白馬ワンワン運動会」

2011/9/9
[特集]蔵王クランドアニマーレ「第一回ワンちゃんイベント」

2011/8/25
[特集]犬連れで福島を応援しよう!

2011/4/4
[特集]早春のスノーシュー北軽井沢の旅

2011/1/5
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2011年)

2010/4/6
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2010年)

2009/5/14
[特集]スキーと花の季節の合間、春の尾瀬の旅

2009/2/19
[特集]八ヶ岳の森でスノーシュー

2009/2/8 [特集]冬の那須はスノーシューと温泉と蟹三昧

2009/1/26
[特集]2009年北軽井沢ワンワンフェスタ第6回

2008/12/17
[特集]初秋の信州高原旅行

2008/12/12
[特集]春の益子・笠間陶器市の旅

2008/12/4 [特集]紅葉を見に北東北への旅

2008/11/23
[特集]秋の神戸帰省と讃岐うどん巡礼の旅

2008/9/3
[特集]伊豆わんこタウンの秋のイベント「第2回わんこ達のお祭りだぁ?い」

2008/1/20
[特集]2008年北軽井沢ワンワンフェスタ第5回

2007/10/12
[特集]ノンとゴンの清里旅行

2007/5/14
[特集]冬の北海道犬連れ旅行(流氷リベンジ)

2007/4/26
[特集]わんこと一緒に 白馬アウトドアプラン(1)

2007/1/10
[特集]2007年北軽井沢ワンワンフェスタ第4回

2006/9/24
[特集]冬の北海道犬連れ旅行

2006/8/30
[特集]長野ビーナスラインがペット連れに快適に

2006/6/3
[特集]「伊豆わんこタウン」発足

2006/1/11
[特集]2006年北軽井沢ワンワンフェスタ第3回

2005/10/21
[特集]富士五湖・清里の旅

2005/10/3 [特集]初めての犬連れ飛行機の旅 - 目的地は北海道

2005/7/17 [特集]夏休みは思い切って岩手に行こう

2005/4/25
[特集]特別な日はオーベルジュで!

2005/3/7 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ2005体験記

2005/1/15
[特集]北軽井沢の冬の楽しみ方

2004/11/12
[特集]伊豆・箱根

2004/7/28 [特集]犬連れリゾート裏磐梯に注目!

山歩き

2004/9/22
国立公園は犬規制?

2002/4/24 犬連れ登山愛好者の徒然なるままに

2002/3/14
犬連れ登山へのメッセージ

2002/3/3
自然保護を考える

2002/3/1
犬連れ山歩きは自然破壊につながる?

2002/3/1 山歩きトップ

森林浴を楽しもう

[蓼科高原(長野県)]

2002/11/17
とけん峡散策

[田貫湖(静岡県)]

2003/10/5
田貫湖サイクリングコース

[乗鞍高原(長野県)]

2002/5/3
東大ヒュッテ散策

[峰の原高原(長野県)]

2000/7/25
緋の滝自然遊歩道
2001/5/4
途中までの根子岳登山

[裏磐梯(福島県)]

2000/5/5
中瀬沼クロスカントリーコース
2000/5/5
小野川不動滝コース
2002/8/2
秋元湖
2002/8/3
吾妻川渓流探勝路

[名栗村(埼玉県)]

2000/4/2
小殿(竹寺登山口)〜竹寺コース

[箱根(神奈川県)]

99/11/16
湖尻〜大湧谷コース

[清里高原(山梨県)]
99/11/16
川俣渓谷への小道
2000/1/2
クロスカントリースキーコース


犬と山を考えるというテーマでLIVING-WITH-DOGSでは掲載を続けておりますが、そんなおり、自然の中で犬と暮らす「犬と山暮らし」の作者、波多野鷹さんから、貴重なメッセージをいただきました。
Living-with-Dogsがお勧めしたいのは、まさに波多野さんのおっしゃることでした。もう一度、原点に戻って犬連れ登山について考えてみましょう。波多野さんより掲載のご了解をいただいております。(LIVING WITH DOGS)

犬連れ登山へのメッセージ

イヌ連れイヌなしに関わらず、「森林限界上へ行く」登山については私は冷ややかです。

本気のアルピニズムについてはその限りではありません。生態系への問題があるとしても、生態系にインパクトがゼロな「ヒトの営み」が考えにくいからには、登山のみを非難すべきでないので。マナーやモラルがおのずと形成されてゆくのを待ちたいと思い、かつ、そうなるであろう、と楽観しています。

ただ、イヌ連れイヌなしに関わらず、「なんとなく山頂へ」の登山には批判的です。広い意味での野歩き、山歩きはもっと豊かなものなのに、自分で楽しみを見つけるのでなく、アルピニズムの悪しき縮小コピーとして「山頂へ」なのではないかと疑うからです。山頂に立つのが本当に楽しいかたが目指されるのはよいのですが、「山頂に立つのは楽しいことのはずだ」とのお考えのかたが少なくないように思われてなりません。そうやって、自らの楽しみを見つける努力をせずに「ありもの」に飛びつくから、特定の地域にひとが集中しすぎ、生態系へ与えなくてもいいインパクトを与えているのではありますまいか。

要するに、イヌの有無に関わらず、「特定の狭い範囲の」「森林限界上に」「大勢がいくこと」が問題と考えます。

その中でイヌ連れを禁止しようというのは、まあ、弱いものイジメの一種でしょう。イジメても反撃が弱そうで、かつ、何か手を打ったという「実績」にはなる規制をして、もつと本質的で、が、強い抵抗が予想される「登山者の人数規制の必要性」を隠そうとする…。

規制が必要なら、「有効な」規制を、と思います。

イヌ連れ者としてどうすべきか。

規制が予想される地域、標高には行かなければいい、と考えます。本気のアルピニズムにはイヌは邪魔でしょうし、無理に連れていかれたイヌも迷惑です。

「イヌと楽しく歩くため」ならば、有名ルート、規制されそうな地域にわざわざ行く必要はありません。

手抜きせず、登山ガイドでなく地勢図や地形図、森林管理局から出ている林業施行図などを読み、そして森林管理局などに工事予定を問い合せれば、気がねなく歩けるところはいくらでもあります。森林限界上に、また有名山にこだわらなければ、ピークも踏めます。一日歩いても他の登山者に一度も会わない山域はいくらでもあるのです。

…山菜とりキノコとりの時期はちと例外ですが。そうそう、地元の猟友会あたりにも問い合せて、イノシシ狩りとバッティングしない配慮もお忘れなく。

が、あれこれ注意すれば、山を一人占めするのは難しいことではありません。糞も気にしなくてすみます。人が通らないルートで、あるいは林内なら。クマやキツネの糞がごろごろしているのですし、ちゃんと分解されるようになっています。軽く埋めるか落ち葉をかければ充分です。 

他の登山者と会わない、ということは、それなりの覚悟と準備も要るのは確かです。登山計画書のポストがないようなところですから、遭難時にも救助はあてにしない、自分たちだけでなんとかする、できるような準備と、自分たちだけでなんとかできない時には諦める、ような覚悟が要るでしょう。

しかし、救助が効くほうが異常なので、いわば当たり前のところに立ち返るだけ、とも言えます。

そして、そんなに恐ろしがることもないのです。

ヒトは森林限界上に生息するように出来ていないのに森林限界上に行くから遭難は起こりやすいので、森林限界の下なら、そして危険を承知で山頂目指すのでなく、楽に歩けるところをブラつくのなら、そんなに危ないこともありません。「森林限界上で救助アリ」と「森林限界下で救助ナシ」で危険率に大きな違いはないでしょう。…サバイバルのコツを知ってさえいるのなら。

他の登山者との軋轢に関していうのなら、「会わないところに行きましょう」というのにつきます。

イヌを放すことはふたつの観点から考えます。

生態系へのインパクト。特別に狩りがうまいイヌでないのなら、重大視には及びません。ライチョウの雛や卵云々となると問題です。キツネなんかが少ない場所で辛うじてやっているのにイヌが入り込んだら。高山植物もしかり。踏まれるようにできてませんから。

森林限界下なら、そんなに気にしないでいい、と思います。間抜けな飼い犬に捕まえられるような間抜けな野生動物は滅多にいませんし、植物だって大動物に踏まれるのは折り込みずみ、さらに面積あたりの踏み荒し圧は微小ですから。

イヌが迷子にならないか、という面から考えると、「しっかり訓練してから」をお勧めします。迷子になったという張り紙、首輪つきの腐敗した死体、首輪つきでうろついているイヌ、見ることがあります。

呼び戻しへの過信は禁物です。夜中の公園や静かな日曜の河川敷と、山の中は大違いです。鼻先からノウサギが逃げ出しても命令によって止められる自信がない限り、出先の山で放すのはお勧めしません。通い慣れた場所で、特定のコース以外をも歩いてて、イヌが面として地形を飲み込んでいるのなら、走って行ってしまっても30分後に帰ってくると期待できなくはありませんが、初めての山で帰って来ると期待するのは…。

他人の評価の尻馬に乗って有名どころに行くから問題が起きるので、その前にほんのひと手間かけさえすれば、他人に迷惑をかけることもなく、規制されたり非難されたりすることもなく、心置きなくイヌ連れ山歩きは楽しめるものでありましょう。
(「犬と山暮らし」の著者 波多野鷹 放鷹道楽)(2002/03/14)

波多野鷹

1967年10月10日、東京生まれ。1985年、物書きに。1992年頃から鷹狩りを始め、1995年に日本放鷹協会諏訪流鷹匠に認定さる。妻一人、鷹・隼約10羽、犬5匹猫1匹その他の動物たくさんと長野の山中に暮らす。
NPO法人日本放鷹協会理事。The British Falconers' Club、North American Falconers Association、ヒトと動物の関係学会、日本爬虫両棲類学会、日本鳥学会、日本動物行動学会、日本野生動物医学会、希少動物人工繁殖研究会、日本飼育技術学会、日本野鳥の会、日本推理作家協会、日本SF作家クラブ、各会員。

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム
お泊まり応援券が使える宿

おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想(口コミ・評判) | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴

キャンセル速報 宿体験記投稿フォーム

宿利用者マナーとルール

ステイウィズドッグアワード2019の結果

ステイウィズドッグ公式Facebook

ステイウィズドッグ公式ツイッター



[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング
山小屋
古民家


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


s(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


ホーム | 会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 特典・キャンペーン・イベント掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿詳細データを登録する | 宿を登録する

Copyright © 1996- LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。