ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | リビングウィズドッグズ(犬との暮らしの情報サイト)
ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票

軒の宿データから


新着情報宿検索宿体験記おトク情報宿感想犬連れの旅近況コラムキャンセル速報ステイウィズドッグアワード
 エリア・観光地 食事 お風呂 設備 サービス お酒 人のスポーツ 娯楽 体験 ドッグスポーツ 犬対応設備・備品 障害者受入れ 外国語 禁煙・喫煙 周辺情報 クレジットカード 看板犬 料金 アワードを受賞した宿 電子マネー
  1. ホーム
  2. 犬連れの旅
  3. [特集]スキーと花の季節の合間、春の尾瀬の旅

[特集]スキーと花の季節の合間、春の尾瀬の旅


旅全般

犬連れ旅を快適にするために

ペットとのドライブで注意すること

ペットと旅行するための普段のしつけ

特集記事

2016/11/27 [特集]秋の北東北と道南の旅

2016/4/2 [特集]めいと冬の北海道はじめての旅

2015/12/22 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2016年)


2015/10/9 [特集]北軽井沢・紅葉のリバーサイドウォーク

2015/5/25 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク

2015/5/9 [特集]第9回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2015/4/2 [特集]長野と群馬の間で雪遊び

2015/3/25 [特集]北軽井沢わんにゃんネットのイベント「ワンちゃんと陶芸体験」(2015)

2015/3/22 [特集]冬の会津と那須で雪とたわむれる旅

2015/3/18 [特集]讃岐うどん超S級店とコギ友と会う旅

2015/1/24 [特集]北軽井沢ワンちゃんとスノーシュー(2015年)

2015/1/23 [特集]白馬ワンだふるネット「第8回白馬ワンワン運動会」

2014/12/11 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2015年)

2014/10/12 [特集]蓼科高原・蓼科もみじまつり〜わんわん仮装パレード&バーベキュー

2014/10/10 [特集]北軽井沢・紅葉のスカイウォーク&バーベキュー

2014/5/13 [特集]北軽井沢・初夏のスカイウォーク&満天ランチ

2014/4/25
[特集]美土里の洞と北軽井沢わんにゃんネットとのコラボ企画「ワンちゃんと陶芸体験」

2014/3/21 [特集]第7回清里わんわんウォーク 〜富士山とヤマナシの花めぐり トレッキング〜

2014/2/11 [特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんスノーシューウォーク in 長門牧場

2014/1/13 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2014年)

2013/11/14 [特集]春の房総、海の幸と森をめぐる旅

2013/10/2
[特集]八ヶ岳ペットネット : 八ヶ岳わんわんウォーク(第10回)

2013/3/26
[特集]冬の信州、美術館と宇宙を感じる旅

2013/9/24 [特集]白馬ワンだふるネット「第5回白馬ワンワン運動会」

2013/3/26
[特集]冬の犬連れ軽登山に挑戦

2013/1/24 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2013年)

2012/12/22 [特集]都心から半日の旅、紅葉の御岳山へ

2012/12/19 [特集]中央道・笹子トンネル崩落事故後の迂回路(御坂みち経由)

2012/12/8 [特集]わんわんスノーパーティー in 清里高原

2012/10/11 [特集]第4回清里わんわんウォーク「秋の森歩き」

2012/9/10 [特集]蔵王クランドアニマーレ2012秋のワンちゃんイベント

2012/7/26 [特集]ビーナスライン飛行犬撮影会

2012/7/5 [特集]わんわんグリーンパーティー in 清里高原

2012/2/25
[特集]白馬ワンダフルネット「第2回白馬ワンワン運動会」

2012/2/11 [特集]雪まみれになりに蓼科へ

2012/2/8
[特集]ウィズペットルームでの犬連れ船旅(大分から神戸)

2012/1/12
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2012年)

2011/12/28
[特集]冬の乗鞍高原で犬連れにうれしい情報!

2011/10/17 [特集]白馬ワンダフルネット「第1回白馬ワンワン運動会」

2011/9/9
[特集]蔵王クランドアニマーレ「第一回ワンちゃんイベント」

2011/8/25
[特集]犬連れで福島を応援しよう!

2011/4/4
[特集]早春のスノーシュー北軽井沢の旅

2011/1/5
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2011年)

2010/4/6
[特集]北軽井沢ワンワンフェスタ(2010年)

2009/5/14
[特集]スキーと花の季節の合間、春の尾瀬の旅

2009/2/19
[特集]八ヶ岳の森でスノーシュー

2009/2/8 [特集]冬の那須はスノーシューと温泉と蟹三昧

2009/1/26
[特集]2009年北軽井沢ワンワンフェスタ第6回

2008/12/17
[特集]初秋の信州高原旅行

2008/12/12
[特集]春の益子・笠間陶器市の旅

2008/12/4 [特集]紅葉を見に北東北への旅

2008/11/23
[特集]秋の神戸帰省と讃岐うどん巡礼の旅

2008/9/3
[特集]伊豆わんこタウンの秋のイベント「第2回わんこ達のお祭りだぁ?い」

2008/1/20
[特集]2008年北軽井沢ワンワンフェスタ第5回

2007/10/12
[特集]ノンとゴンの清里旅行

2007/5/14
[特集]冬の北海道犬連れ旅行(流氷リベンジ)

2007/4/26
[特集]わんこと一緒に 白馬アウトドアプラン(1)

2007/1/10
[特集]2007年北軽井沢ワンワンフェスタ第4回

2006/9/24
[特集]冬の北海道犬連れ旅行

2006/8/30
[特集]長野ビーナスラインがペット連れに快適に

2006/6/3
[特集]「伊豆わんこタウン」発足

2006/1/11
[特集]2006年北軽井沢ワンワンフェスタ第3回

2005/10/21
[特集]富士五湖・清里の旅

2005/10/3 [特集]初めての犬連れ飛行機の旅 - 目的地は北海道

2005/7/17 [特集]夏休みは思い切って岩手に行こう

2005/4/25
[特集]特別な日はオーベルジュで!

2005/3/7 [特集]北軽井沢ワンワンフェスタ2005体験記

2005/1/15
[特集]北軽井沢の冬の楽しみ方

2004/11/12
[特集]伊豆・箱根

2004/7/28 [特集]犬連れリゾート裏磐梯に注目!

山歩き

2004/9/22
国立公園は犬規制?

2002/4/24 犬連れ登山愛好者の徒然なるままに

2002/3/14
犬連れ登山へのメッセージ

2002/3/3
自然保護を考える

2002/3/1
犬連れ山歩きは自然破壊につながる?

2002/3/1 山歩きトップ

森林浴を楽しもう

[蓼科高原(長野県)]

2002/11/17
とけん峡散策

[田貫湖(静岡県)]

2003/10/5
田貫湖サイクリングコース

[乗鞍高原(長野県)]

2002/5/3
東大ヒュッテ散策

[峰の原高原(長野県)]

2000/7/25
緋の滝自然遊歩道
2001/5/4
途中までの根子岳登山

[裏磐梯(福島県)]

2000/5/5
中瀬沼クロスカントリーコース
2000/5/5
小野川不動滝コース
2002/8/2
秋元湖
2002/8/3
吾妻川渓流探勝路

[名栗村(埼玉県)]

2000/4/2
小殿(竹寺登山口)〜竹寺コース

[箱根(神奈川県)]

99/11/16
湖尻〜大湧谷コース

[清里高原(山梨県)]
99/11/16
川俣渓谷への小道
2000/1/2
クロスカントリースキーコース


2009年4月24日(金)
愛犬くーがこの春、爪を怪我した事から、今年の桜のシーズンを見逃してしまいました。

毎年桜との記念写真を撮っているので惜しかった事もあり、GWに入る直前の週末、どこかでまだ桜が見られないかと探していました。丁度今年は桜の季節が早く、尾瀬周辺がまだ可能性があるような感じだったのと、尾瀬の水芭蕉も同じ時期でもあったので、行き先と決めたのでした。

ETC割引1000円が話題ですが、平日だとその恩恵もあずかれないので、早朝深夜割引で東京を脱出。100km以内で出入りして、沼田ICを降りたのは7時すぎでした。

今日は金曜。天気は今日だけなんとかもちそうです。まずはこのあたりでは見どころのひとつ、吹割の滝に寄ってみようと裏に入ると、偶然「山妻有の桜」という看板をみつけて入り込んでみました。すぐに桜が綺麗なグラウンドをみつけ、くーを最初の散歩タイムです。ただ先程の桜とは違うようなので、その後もっと奥へ。するとすぐに柵でかこまれた立派な樹齢200年と言われる空洞の多いエドヒガンザクラの木がありました。しかし花は既に終わっていて残念。このあたりの民家は庭先に桜の木や色々な花が植えられているようで、雪の季節が終わった今、どこも色あざやかでとてもゆっくりと時間が流れている感じがします。

国道に戻り、吹割の滝へ。下流の滝壺側から入り、その迫力に少々押されぎみになりながら、最上段の滝のはじまりまで側道を歩いて昇っていきました。凄い水流とマイナスイオンで、ずっと上の方で水流が巻き上げる霧が煙っているのが見えます。結構間際まで行けるのでちょっとおびえながら、その先にある吊り橋まで行ってみました。

橋の先には小さい社があり、そこで折り返し。ここは明らかに観光地ですが、まだ朝が早いので誰もおらずゆっくり散歩ができました。

車に戻り、朝食をどこかで取ろうと国道に戻ります。片品市役所の隣にある花の谷公園で桜と水芭蕉がみられるという情報があったので、裏に入り込んでみますが、何もありません。小さい公園は確かにあるのですが、既に終わってしまったようです。

鎌田の分岐の先まで行ってみますが、食事ができそうな所は何もありませんでした。ただ途中片側交互通行になっていた道路工事の現場に「朝食できます」という看板を見た気がしたので、戻る事に。結構戻った気がしますがみつけました。「山のレストラン水芭蕉」といういかにも観光地にあるレストラン兼温泉宿泊施設のようです。

くーは駐車場の日陰を探して車を停め、工事の音がちょっと耳障りですが、反対側だけちょっと窓をあけて中で待機してもらいます。お店に入ってみると和洋共に朝定食500円とかかれていて手頃でした。聞いてみると、時間が少々かかってもよければメニューのものは殆ど作れるというので、妻は暖かいふきのとうや山菜の天ぷらが入った水芭蕉そばを、私は朝の和定食を頼んでゆっくり朝食です。

山のレストラン 水芭蕉

その後また折り返し、再度鎌田の分岐を抜け、桜が綺麗な片品高原周辺を抜けて、大清水小屋まで行きました。道の脇には清流が流れています。

車で行ける終点で、この先は尾瀬沼に至るハイキングコースになります。この小屋の脇に広がる大清水湿原には木道があり、既に観光バスが着いていたのか、大勢の年配の方が揃ってデジタル一眼レフで撮影していました。みなさんが狙う被写体は小さめですが、咲いている水芭蕉です。

大清水小屋でアメを買い、車を停めさせてもらって、くーと散歩開始です。早速観光客のおばさんに撫でて貰い、おなかをみせてご挨拶。どうもコーギーを飼われているようでした。木道をゆっくりと散歩しながら、水芭蕉との記念撮影。人が少ない所を選んでぐるっと1周半してみました。木道の間にはふきのとうも残っていました。

大清水小屋 
駐車場脇にある鹿のものと思われる獣の骨にくーが反応しつつ、来た道を戻ります。かたしな高原スキー場の近くの河川敷のグラウンドで、桜が満開でした。そこでまた少しくーの散歩時間と撮影。

片品スキー場の近くに水芭蕉の森というのがあり、脇道にそれました。その先には平日なのにしっかり車でいっぱいの駐車場。何とか1台スペースをみつけて停め、その脇からのびる遊歩道に入って昇っていきます。体が不自由な方や高齢の方は、もう少し上にある駐車場まで車を入れてもいいようです。

水芭蕉の森 
下と上の駐車場の間の遊歩道では、足元にも水芭蕉が。早速くーと並んで記念撮影。本当の入口から奥に群生する水芭蕉は見事でした。多くの観光客の方が来ています。木道も立派にできていて、シーズンには夜間はライトアップされるそうです。個人的には人工的なライトアップは好きではないので気になりませんが、充分満開で美しい風景でした。どちらかというと霧に包まれているともっと嬉しかったのですが。

ゆっくりぐるっと散歩をし、天気が少し曇ってきたので、一応メインにしている武尊の天王桜を見に移動です。

鎌田の町のあたりで「尾瀬ドーフ」という看板をみつけて寄り道してみました。色々な豆腐があり、豆腐や湯葉が大好きな妻は、とりあえずカップに入っている豆腐を購入。クーラーボックスがあって、今日帰るのであれば色々買ったのですが、残念です。

尾瀬ドーフ

宿に入る前に寄ろうと思っている花咲温泉を通過して、到着した天王桜は大観光地でした。まだ陽があたっている所だけが咲いていて半分も咲いていませんでしたが、観光バスで撮影旅行なのか、年配の巨大な三脚と私のなんかよりもはるかに高価なデジタル一眼レフカメラをもった団体さんがぐるっと桜を囲っていました。30人以上はいるでしょうか。花を見たくても近づく事ができず、仕方なくまわりを遠巻きに歩きながら鑑賞。シャッターを切っているのかわかりませんが、とにかくずっと動かず、陽が出ても動かず。たまに講師のような人がしゃべっているのですが、何なのかよくわかりませんでした。そんなのは関係なしにくーは散歩中です。

ゆきずりにモデル犬なんかもしながらちょっと遅い昼食を食べに行こうと、あまり考えなしに川場方面へ。峠を越えていくと、川場の町の中に「みみずく工房」という木工のお店を発見。妻が木工が大好きなので立ち寄って、使い捨ての皿を買いました。

みみずく工房

出入口に色々と川場の観光チラシがあって眺めていると、その中に蕎麦の店のチラシをみつけて、ふらりと行ってみる事にしました。

川場スキー場に向う途中に、川沿いに小さい駐車場があり、そこから100mほど人しか通れない幅の道を歩くと、とてもおしゃれな古民家を改築したそば屋さんがありました。丁度犬連れの客が出てきたのをみて、テラスでは犬と一緒に食事できるようでした。

お店は和太奈部と言い、家族で経営されているようです。川場に移住されてきてそば屋を始められたそうで、隣に住まいがあるようでした。田舎そばが既に品切れなのが残念でしたが、普通の二八そばの定食が筍ごはんや漬け物、天ぷらもついてとてもおいしかったです。静かなとても隠れ家的な感じで落ち着ける、また来てもよいと思えるお店でした。

蕎麦 和太奈部 

食後はさきほど通ってきた峠を越えて、花咲温泉へ戻ります。温泉は近代的でちょっと値上がりしていましたが、露天が気持ちのよい日帰り湯でした。このあたりは尾瀬のハイカーが帰り際に寄れるように、日帰り湯が多いようです。

花咲の湯

17時になったので、宿へチェックイン。予定より1時間ほど早かったのですが、温泉にも入り、これから雨が降り出し明日はずっと雨という天気予報を聞いていたので、ゆっくりしようという事にしました。

宿は武尊スキー場のペンション街に位置しています。玄関前には大きな秋田犬がコンニチワと首をあげてこちらを見ています。今晩は私達だけしか宿泊客はいませんでした。

夕食を取り、雨が降ってきてストーブを点けるほど冷えてきました。寝る前に風呂で体を暖め就寝。外は雨音が大きくなっていました。

2009年4月25日(土)

7時すぎに起床し、外に行こうという言うくーを雨だと説得し、私たちの朝食の間クレートで待って貰います。食堂の窓の外は霧に包まれて真っ白です。天気予報をみると、午後から本格的に雨と風がやってくるようで、家族会議の結果、さっさと帰ろうという事にしました。

まず山を越えて道の駅である「田園プラザかわば」へ。ここで念願の山菜を沢山仕入れました。時間があれば山菜採りでもしたいのですが、この天気では無理です。一番好きなタラの芽のほか、ふきのとう、こごみ、ウドなどを買い込み、あと桜草の鉢植えを買いました。

田園プラザかわば
その後時間的に調整もかねてもう一度峠を越え、再度尾瀬ドーフへ。豆腐好きな妻の実家にセットを送り、わが家用にもざる豆腐や湯葉などをいろいろ購入。満足した所で片品を離れました。

 
吹割の滝手前で土砂降りになり、峠では霧で前が見えないほどに。ただ渋滞もなく、沼田駅の近くにある「かざはな」という和食屋まで行き、ちょっと豪華な昼食を取り、沼田ICから視界があやしい土砂降りの中、高速で帰りました。

かざはな

ノンストップで関越自動車道を走り、何とか家には14時すぎに到着。家で一息を入れていると外は豪雨になっていました。

天気などちょっと恵まれなかった部分はありますが、桜も見られたし、水芭蕉も綺麗だったのでよしとしました。また日をあらためて、特に秋に行きたいスポットです。

Travel date : 2009年4月

(2009/5/14掲載)
(東京都、Yさん  くーたら日記
Hill Breeze)

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム
お泊まり応援券が使える宿

おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想(口コミ・評判) | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴

キャンセル速報 宿体験記投稿フォーム

宿利用者マナーとルール

ステイウィズドッグアワード2019の結果

ステイウィズドッグ公式Facebook

ステイウィズドッグ公式ツイッター



[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング
山小屋
古民家


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


s(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


ホーム | 会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 特典・キャンペーン・イベント掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿詳細データを登録する | 宿を登録する

Copyright © 1996- LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。