ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | LIVING WITH DOGS
LWD楽天ワインショップ


 

岡山県・神郷 - 神郷カントリークラブホテル

宿体験記トップ


兵庫から鳥取砂丘に寄り道をしながらの旅でした。

砂丘で子供達はラクダに乗り、犬達は看板犬のメスのハナちゃんに吠えてみたものの相手にしてもらえずにハナちゃんの貫録勝ち。

砂丘では遠くの方で広い砂丘をダックスが楽しそうに走り回っていました。展望台へのリフトは犬もOKです。砂丘から少し離れた海辺は誰も人がいない穴場でした。砂の感触と打ち寄せる波に、犬達は2匹で駆け回っていました。



3時間ほどの移動で神郷カントリークラブに到着です。ゴルフ場のリゾートホテルとして新しく新設されたホテルが今日の宿です。大晦日と元旦の二日間の滞在でしたが、実にのんびりとしたゆったりと時の過ぎる、何よりも犬達が大喜びの休日となりました。

冬の期間中は18ホール全てがドッグランに変身します。積雪状態で行けないホールもあるのですが、丸1日陽が暮れるまでたっぷりと雪原を走り回れます。
宿には超大型犬から小型犬までいろんなわんちゃんが泊まっていましたが、敷地が広いので他のわんちゃんとかち合うこともなく、ホールに行くまでにすれ違ってもお互いが別コースに自然と足が運びます。エレベーターの横にはわんちゃん用の黄色い足拭きタオルが常備されています。

最初は気が付かなくて籠に入った使用済みのタオルを使っていましたが、棚の中に新しいタオルが入っているんですね。他の方が棚から出して使っているのを見て知ったので、設置場所に何か掲示してあると分かりやすいと思います。




ホテル内は清潔でゆとりある空間でした。各部屋も広いスペースで、私達が利用したのは和洋室のファミリールームとツインルームでしたが、バスルームもとても広く、トイレとは別になっています。

















ホテル内にも男女別にお風呂がありますが、オーナーが「狭いお風呂ですが...」とおっしゃるのを真に受けながらも入ってみたところ、十二分な広さとパウダールームの広さに驚きました。男湯は更にその倍広いようです。

予約する際に2泊という事で、夕食メニューを2人ずつ変えてもらいました。
魚ちり、鶏鍋、すき焼き、牛のしゃぶしゃぶなどメインもボリュームがあります。
中でもすき焼きがお勧めですね。上等なお肉でした。単品で頼んだ鳥の唐揚げも一皿に8ヶも盛り付けてあり、ガーリック風味で食欲をそそらされました。

朝食も和洋それぞれ選べますし、さり気なくおせちの付け合せもあったりで、お正月気分を味わえました。

道路状況や持ち物の確認のためのメールのやり取りで、応対して下さった方の人柄の良さを感じました。押し付けがましくない優しい心配りが随所に顕れており、滞在中ずっと長靴を貸してくださり犬達との遊びにどんなに助かったことか。
「何も無いところですので心苦しいのですが...。」そうおっしゃっていましたが、それがこちらの魅力なのではと思います。

2日目には、近くの神郷第1スキー場で主人と子供達は無料の雪すべりを満喫し、自動歩道の係員の女性が11回で500円のチケットの回数をオマケしてくれたそうで、ニコニコ顔で帰ってきました。

かたや留守番組の犬達と私は、一面の銀世界をただただ楽しみました。愛犬たちは、雪に足が埋まったりうまく歩けなかったりで、かと思うと固くなった雪の上では上手に走り回ったりで、見ていて普段味わうことのない犬達の行動に笑えます。

除雪された道や延々と続く雪原に、何度も往復したりコースを変えたりの散歩に、ひたすら寄り添い付いてくる犬達との時間は至福の時間でした。

中国山脈に沈んでゆく夕陽の美しさに見とれながら、この一瞬がとても大切な想い出になるんだなぁと感慨に耽ったひとときでもありました。

何もないことの贅沢を改めて味わえ考えることのできた、幸先の良い年末年始の旅でした。

(2006/1/21)(静岡県、Mさん)

 

(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)

 
会社情報| サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | こだわりキーワード申請 | 特典・キャンペーン・イベント掲載 | 近況アップデート掲載| 求人広告掲載 | 宿を登録する
Copyright © 1996- LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。