ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ

ステイウィズドッグアワード

ステイウィズドッグアワード

こだわり検索» エリア・観光地 | 食事 | お風呂 | 設備 | サービス | お酒 | 人のスポーツ | 娯楽 | 体験 | ドッグスポーツ | 犬対応設備・備品 | 障害者受入れ | 外国語 | 禁煙・喫煙 | 周辺情報 | クレジットカード | 看板犬 | 料金 | アワードを受賞した宿 | 電子マネー

  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. ハウステンボス - フォレストヴィラ(ドッグヴィラ)
  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. ハウステンボス - フォレストヴィラ(ドッグヴィラ)

宿体験記

ハウステンボス - フォレストヴィラ(ドッグヴィラ)

宿体験記

ハウステンボス - フォレストヴィラ(ドッグヴィラ)

主人と大型犬2頭とハウステンボスを夜まで満喫したかったので、ハウステンボスでわんこと宿泊できる「【ペットと一緒】ワンちゃんと一緒にお泊りプラン」ドッグヴィラに泊まりました。このプランは、朝食とドッグヴィラ1泊室料とハウステンボスオフィシャル2DAYパスポートとわんこ1頭分の料金がセットになっているプランでした。
インターネットで宿の予約をしたときに、あらかじめ狂犬病とワクチンの予防注射の証明書のコピーと宿泊同意書をFAXで送り、確認されてから正式に予約という流れでした。事前に、「ペット同伴のお客様へ」の注意事項など宿泊同意書の用紙、園内の駐車場の地図、園内マップなどが送られてきました。
10時半ごろ、ハウステンボスに到着しました。

私たちは、ドッグヴィラに宿泊なので、ハウステンボスの一般の駐車場に車を止めずにウェルネスセンター前まで車で行き、フォレストヴィラフロントで手続きをしました。

到着したのが、チェックインの時間よりかなり早かったので、一度、荷物を預けてから、ホテルヨーロッパ駐車場の前にあるウエストゲートを通過してすぐの駐車場に車を止めてから、わんこと一緒に入国しました。本来の入国とは、反対側の奥側から私たちは、入りました。
園内の屋内施設や乗り物(バス、タクシー、船、観覧車など)以外の屋外は、わんこOKでした。チューリップもきれいにたくさん咲いているそばで、写真をいっぱい撮ることができました。また、お店のテラス席では、わんこも一緒に食べることができました。ドッグランは、小・中・大型犬用と分かれて設置されていました。

チェックインの時間まで、園内をぐるりと回りながら、お散歩をしました。所々に、水飲み場やリードフックが設置されていました。そして、美術館のあるパレスハウステンボスも、わんこ同伴だと直接、横から裏庭に行けるようになっており、一緒に英国式ガーデンを満喫することができました。
チェックインの時間になると、フロントでコテージの鍵をもらい、預かっていた荷物をハウステンボスの送迎車に積んでもらい私たちもわんこと一緒にコテージ前まで乗せていただけました。
ドッグヴィラは、フォレストヴィラの一番奥にありました。コテージは、2F建てで、1Fには、リビングルーム、ウォッシュレットトイレ、お風呂洗面所、ミニキッチンがありました。リビングルームには、大きなケージが2つ用意されていました。
わんこ用備品は、タオル、トイレシーツ、粘着テープ、フードボール、消臭スプレー、お散歩バッグが置かれていました。

お散歩時に、おしっこをしたときには、お水を流すようになっており、お水が入ったペットボトルもお散歩バッグの中に入っていました。

リビングでは、わんこフリーにできたので、お家にいるようにくつろぐことができました。階段より上は、わんこは、NGでした。2Fには、トイレと2部屋ありました。各部屋にシングルベッドが2つと2Fでもテレビが見られるようになっていました。
私たちは、お部屋で少しゆっくりした後、わんこ達をケージに入れて、主人とふたりで再度、園内を満喫してきました。わんこNGの船や水陸両用バス、観覧車、館内でのお買い物を楽しみました。
コテージが一番奥なのと、園内は、とても広いので、何度も往復は、疲れるので、晩御飯を済ませてからコテージに戻り、わんこを連れ出して、夜のイルミネーションを楽しみました。日中とは、がらりと雰囲気も違って、イルミネーションされていて、クラッシック音楽も流れており、3重に満喫できました。
また、フォレストヴィラ周辺も自然がいっぱいで、気持ちよく散歩できました。
朝食は、フォレストヴィラの入り口にある自然派レストラン「トロティネ」バイキングでした。和洋どちらも好きなだけ食べることができました。
朝もゆっくりして、チェックアウト後もわんこと一緒に園内で楽しみたかったのですが、小雨が降っていたので、ドッグクロークを利用させていただきました。チェックイン・チェックアウト前後のドッグクロークは、無料で利用できます。
ドッグクロークの鍵とケージについている南京錠を渡されました。ドッグクロークは、ドッグヴィラコテージの1コテージに設置されており、大中小のケージが部屋に12くらい置かれていました。
うちは、一番大きいケージの中に2頭を入れさせてもらいました。ケージには、番号が書かれており、指定のケージにわんこ達を入れて、南京鍵をして、ドッグクロークのドアの鍵をかけて預けるかたちでした。とくにドッグクロークにスタッフの方が常駐して預かってくれるわけではありませんでした。その時間帯は、うちのわんこ達だけだったようです。
チェックアウト後は、ハウステンボスの送迎車で荷物を駐車場の私たちの車まで運んでいただけました。わんこ達も預かってもらえる所があると、わんことも園内を楽しめるし、わんこNGの場所も楽しめるし、本当に助かりました。
チューリップもいっぱいで、夜のイルミネーションも見られたし、ハウステンボスで満喫できました。ちょっとお値段も高めですが、行ってよかったです。今度は、バラの時期に行ってみたくなりました。

(2013/3/26泊)
(2013/4/16掲載)
(ラピスさん  ラピスの日記)
 

新着情報

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォームステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム


お泊まり応援券が使える宿お泊まり応援券が使える宿


キャンセル速報キャンセル速報


宿体験記宿体験記


宿利用者マナーとルール宿利用者マナーとルール


ステイウィズドッグアワード2021の結果ステイウィズドッグアワード2021の結果


ステイウィズドッグ公式フェイスブックステイウィズドッグ公式フェイスブック


ステイウィズドッグ公式ツイッターステイウィズドッグ公式ツイッター


宿をさがす


[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿



[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿