ペットと泊まれる宿・ステイウィズドッグ

ステイウィズドッグアワード

ステイウィズドッグアワード

こだわり検索» エリア・観光地 | 食事 | お風呂 | 設備 | サービス | お酒 | 人のスポーツ | 娯楽 | 体験 | ドッグスポーツ | 犬対応設備・備品 | 障害者受入れ | 外国語 | 禁煙・喫煙 | 周辺情報 | クレジットカード | 看板犬 | 料金 | アワードを受賞した宿 | 電子マネー

  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 女神湖 - 蓼科わんわんパラダイスコテージ
  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 女神湖 - 蓼科わんわんパラダイスコテージ

宿体験記

女神湖 - 蓼科わんわんパラダイスコテージ

宿体験記

女神湖 - 蓼科わんわんパラダイスコテージ


【初日 静岡→山梨・諏訪湖観光→ホテル】
自分がコロナの2回目の接種をようやく終える事が出来たので、ココ、嫁、そして大阪の嫁の母親と静岡駅で合流し、蓼科わんパラへの旅に出ました。
中部横断自動車道の山梨県区間が全線開通(長坂JCT〜八千穂高原IC間の開通時期未定)し、便利になりました。静岡駅から、市川三郷町の歌舞伎文化公園・甲斐上野城跡にわずか1時間で到着です。
ここは武田家一の伊達男で花麗を好む信玄公八男の一条信龍公が治めた地。江戸歌舞伎の最高峰の市川團十郎家の先祖が、武田氏・信龍公に仕え、日本の伝統文化の発祥の地となりました。甲府盆地最南端で、模擬天主閣からは八ヶ岳まで臨む盆地全景が模型の様に一望出来ました。武田氏が常陸の地から根付いた最初の場所でもあり、武田氏・市川氏の人々も、この甲府盆地を、同じ様に見渡したと思うと感慨深いです。
ランチの後、南アルプス市立美術館で信玄公生誕500周年ゆかりの美術展を鑑賞。ここは小笠原礼法で有名な小笠原氏(武田氏の分家)の発祥の地です。甲府盆地から徐々に標高が上がっていく地なので雄大な富士山の好眺望も楽しめました。
夕食は、諏訪湖畔を通り抜けて、岡谷市で鰻。「関東風の背開き」に「関西風に蒸さない」のが特長で、決して上品な味ではありませんが、香ばしさと鰻の旨味が広がる野趣溢れる味で、自分の口にはピッタリでした。
陽が沈むころ女神湖畔に到着し、ココと自分は「わんぱらコテージ」、嫁と義母は、「ホテルアンビエント蓼科」と分宿しました。ホテルでのチェックインとなり、2つの位置関係は女神湖を挟み車で5分程度です。義母からの「ココ以外は、わんちゃんが苦手」「ゆっくりと食事をしたい」との希望で、この選択になりました。
コテージ内は、古いバンガローのイメージで行った人は、まずビックリします。建物内は機能的なホテルそのものです。お風呂も室内も清潔感にあふれて気持ち良く過ごす事が出来ました。人間以上にワンチャンの設備・アメニティもバッチリで「ペット宿泊も可」のコテージとは違います。
 
【2日目 周辺史跡など観光派とホテルでノンビリ派】
川のせせらぎと小鳥のさえずりで、高原を感じて気持ち良い贅沢な目覚めです。
ココと自分は、広いコテージ敷地内を散歩。スタートしたその瞬間、鹿に遭遇しココが硬直!散歩時の鹿との遭遇率は、100%でした。可愛いリスにも出会いました。上手く撮れませんでしたが、目前には雄大な蓼科山が迫り、高原リゾート満喫の朝でした。
ココに付き合ってもらい、信玄公の軍用道路の大門街道を辿り史跡探訪へ出掛けました。ランチは諏訪地域で一番人気の茅野市のつけ麺屋さんへ。自分は開店前に行きましたが、アッという間に満席に。さすが、納得の味でした。
市街地を抜け霧ヶ峰スキー場で高原の爽やかな風を感じ、夕食まで時間があったので、コテージ内のドッグランで遊びました。ココは遊び疲れてコテージに帰ったらスヤスヤ。
嫁たちは、女神湖散策などホテル周辺で終日ノンビリしたとのことでした。
ディナー場所のホテルとコテージが微妙に離れていますが、ホテルの方に送迎して頂き、「飲酒運転」や「行き倒れでの凍死」を心配することなく、地ビールを飲みながら本格フレンチのフルコースを堪能することが出来ました。地元食材の低温調理された信州サーモン・ジビエ鹿肉のソテー・信州牛のステーキ、そして旬の三重県産鮑アワビのソテーブルギニヨン風など、「ル・プラトー」のメニューはセラヴィリゾート泉郷グループの贅を尽くした最高峰ではないでしょうか。旅先にも関わらず、こんな至極の味に出会える幸せを感じました。

【3日目 中山道からビーナスライン】
コテージで1人2次会をしたせいか、若干の頭痛がありましたが、今朝も鹿に挨拶しながらココと散歩です。この日は、一番の晴天に恵まれ、リンとした透き通る朝でした。
朝食はホテルのバイキングへ。お焼き、信州蕎麦など朝食の域を超えた和食から、クオリティーの高い洋食までのフルラインアップ。ランチの分まで食べ尽しました。

 

ホテルで、女神湖を目前にユックリと朝温泉。女神湖と一体になり紅葉を見ながらの露天風呂は時の経つのを忘れました。
ノンビリした後は、ビーナスラインから車山高原SKAY-PARKへ。ゲレンデは5〜6回は来ましたが、サマーリフトは初めてです。ココを抱っこで乗れますが、スキーが無いと足元が怖いです。
山頂は360度見渡せる絶景。遠くの山々から直下の草原、周辺のゲレンデなど全てが見渡せます。1,925mの山頂は強風で氷が張っていました。スキーシーズンも、もうすぐ。今年はコロナを吹き飛ばす寒波に期待です。
大門街道を上田方面へ向かい美味しいパンの店に立ち寄り、中山道和田宿の道の駅で買物。そば粉など地元の品が変えて母娘は大喜びでした=自分の株も上がる!
和田峠旧道から再びビーナスラインに入り、南北中央アルプス、富士山、蓼科、八ヶ岳などを望みながらスイスにも負けない(と思う)高原の絶景ドライブを楽しみました。
この日のディナーは、ホテル内の「花いずみ」へ。繊細なお造りから、鰆の幽庵焼き、蓼科牛の炭火焼、そしてメインの鯛ちり鍋など、旬の素材を生かした和食を堪能しました。
【4日目 帰路 ビーナスラインから高速で静岡へ】
計画を立てた時は、3泊4日は長いかな?と感じましたが、アッと云うまで短いくらいで最終日を迎えました。
ココとノンビリ散歩、鹿に挨拶して、ホテルの美味しすぎる朝食は食べ過ぎないように前日の学習成果を活かしました。爽やかな露天風呂の朝温泉は本当に気持ちが良い!
ゆっくりチェックアウトし帰路に着きました。白樺湖からビーナスライン経由で女の神展望台からの絶景を見下ろし、横谷峡でマイナスイオンを浴びて、たくさんの鹿に見送られて蓼科を後にしました。
特に蓼科湖周辺の別荘地は、奈良公園ほどではないにせよ、頻繁に集団の鹿に遭遇するため徐行が必要と感じました。高原のパン屋さん、最近は必ず立ち寄るエコーライン沿いの原村の産地直売所で買物をしながら、諏訪南インターから高速へ。義母は静岡駅2時発の新幹線で大阪に戻りました。
中部横断自動車道のおかげで時間も取れて、帰るには勿体ないので、自分たちは静岡で史跡巡り。今川義元生誕500周年とのことですが、信玄公生誕500周年ほど盛大ではなく、今川義元と徳川家康を顕彰する感じですがパクリっぽかったです。
 
【まとめ】
ビーナスラインエリアは、夏もドライブやツーリングの定番でかなりの頻度で訪れており、このエリア全てのゲレンデも何回も滑りました。また今回宿泊した「蓼科わんパラ」は、女神湖ホテル時代からカウントすると5〜6回以上は来ており、今秋も9月に続き2回目で、新鮮味は無いかなと思っていました。 
しかし考えてみれば、海外リゾートに出掛ければ、ハワイやスキー等では1週間位は過ごすのに、国内では週末の1泊や、移動しての2泊くらいが主流になっていました。
ゆっくり滞在するからこそ、さらに味が出てジックリ楽しめる、海外に出掛けなくても春夏秋冬を楽しめる、温泉もある、スキーも出来る、しかも愛犬と一緒に泊まれる、このエリアの魅力は、繰り返し訪れてもまだまだ尽きないと感じました。
「蓼科わんパラ」は、このエリアが持つパフォーマンスを充分に引き出すことの出来る、長期滞在に向くクオリティーの高いホテルと感じています。「犬が好きな人も、そうでない人も一緒に楽しめる」「コストパフォーマンスを追求するか、シティホテルにも負けないハイグレードでリゾート感を楽しむか?」何れの選択も出来る、ある意味、高級リゾートホテルより贅沢な選択肢があります。
さらに八ヶ岳エリアも含めれば長期滞在しても飽きることはなく、もっと言えばセラヴィリゾート泉郷グループは同様なコンセプトを感じるホテルが他にもあり、個々のオペレーションも素晴らしいと感じています。
グループとしての、新年度からの方針も示されており、今後がますます楽しみです!愛犬家は、目が離せないでしょう。
ただ最後に一つ残念なことがあります。「わんパラ」「ワンズリゾート」に宿泊してしまうと、他のホテルに行く気がなくなってしまうことです。
 

(2021/9/11〜3泊)
(2021/12/28)(千葉県、T.Kさん)
 

Wan's Resort 山中湖 の体験記1を読む
Wan's Resort 山中湖 の体験記2を読む
Wan's Resort 山中湖 の体験記3を読む
Wan's Resort 山中湖 の体験記4を読む
Wan's Resort 城ヶ崎海岸 の体験記1を読む

Wan's Resort 城ヶ崎海岸 の体験記2を読む
松阪わんわんパラダイス森のホテルスメールの体験記1を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記2を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記2を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記3を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記4を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記5を読む
高山わんわんパラダイスホテルの体験記6を読む
鳥羽わんわんパラダイスホテルの体験記1を読む
鳥羽わんわんパラダイスホテルの体験記2を読む
鳥羽わんわんパラダイスホテルの体験記3を読む
鳥羽わんわんパラダイスホテルの体験記4を読む
鳥羽わんわんパラダイスホテルの体験記5を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記1を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記2を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記3を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記4を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記5を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記6を読む
伊豆高原わんわんパラダイスホテル&コテージの体験記1を読む
伊豆高原わんわんパラダイスホテルの体験記1を読む
伊豆高原わんわんパラダイスホテルの体験記2を読む
伊豆高原わんわんパラダイスホテルの体験記3を読む
伊豆高原わんわんパラダイスホテルの体験記4を読む
安曇野わんわんパラダイスコテージの体験記1を読む
浜名湖わんわんパラダイスホテルの体験記1を読む


新着情報

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォームステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム


お泊まり応援券が使える宿お泊まり応援券が使える宿


キャンセル速報キャンセル速報


宿体験記宿体験記


宿利用者マナーとルール宿利用者マナーとルール


ステイウィズドッグアワード2022の結果ステイウィズドッグアワード2022の結果


ステイウィズドッグ公式フェイスブックステイウィズドッグ公式フェイスブック


ステイウィズドッグ公式ツイッターステイウィズドッグ公式ツイッター


宿をさがす


[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

インコ ウサギ オーム かぶと虫 キツネ ハムスター ハリネズミ フェレット ミニブタ モモンガ モルモット リス リスザル 魚類 金魚 昆虫 両生類 爬虫類

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿



[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊 釣宿 京町家 バンガロー 湯治宿 ヴィラ キャビン ゲストハウス ホステル サービスアパートメント アパートメントホテル ログハウス

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

インコ ウサギ オーム かぶと虫 キツネ ハムスター ハリネズミ フェレット ミニブタ モモンガ モルモット リス リスザル 魚類 金魚 昆虫 両生類 爬虫類

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿