ペット(犬)と泊まれる宿・ステイウィズドッグ

ステイウィズドッグアワード

ステイウィズドッグアワード

こだわり検索» エリア・観光地 | 食事 | お風呂 | 設備 | サービス | お酒 | 人のスポーツ | 娯楽 | 体験 | ドッグスポーツ | 犬対応設備・備品 | 障害者受入れ | 外国語 | 禁煙・喫煙 | 周辺情報 | クレジットカード | 看板犬 | 料金 | アワードを受賞した宿 | 電子マネー

  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 高山 - 高山わんわんパラダイスホテル(その3)
  1. ホーム
  2. 宿体験記
  3. 高山 - 高山わんわんパラダイスホテル(その3)

宿体験記

高山 - 高山わんわんパラダイスホテル(その3)

宿体験記

高山 - 高山わんわんパラダイスホテル(その3)


梅雨時でうっとうしい時期ですが、明日(19日)の金曜日から土曜日は晴れという天気予報を見て、急でしたが電話で高山わんわんパラダイスホテルに予約を入れました。
19日(金)朝から晴天です。10時頃我が家を出発、小淵沢から松本まで高速です。
松本でランチをしようと市内に入りましたが、この炎天下の駐車場では愛犬たちは無理ですので、屋根付の駐車場を見つけて、簡単なランチです。

松本から高山・上高地方面に国道158号線に入ります。以前先代のトレーシーと共に東京から富山や乗鞍に行きましたが、その折りに寄ったお蕎麦やさんを発見しました。

途中、ダムの横を古い細いトンネルをいくつも通ります。上高地行きの大型バスも通りますので対面通行は注意しながらの運転です。

乗鞍方向と高山・上高地方向に分岐します。平湯を抜けるとナビではもうすぐ高山わんパラと出ます。高山わんパラの赤い屋根が見えてきました。
いかんせん、早めに到着してしまいましたので、ドッグランでゆっくりマリヤとカレンを遊ばせます。ドッグランはちょうど良い広さです。

細かい砂利と草のある地面です。適度に木が茂り、涼しい風が通ります。入り口はもちろん2重扉です。中は小型犬用、大型犬用と分かれています。水飲み場、ゴミ箱が中に設置されています。

我が家だけでドッグラン貸し切り状態です。マリヤもカレンも大喜びで走り回っています。

十分に遊ばせてドッグランの外で、コームがけをしていたら、ようやくチェックイン時間になりました。
高山わんわんパラダイスホテルは元のオーナーさんが上高地の帝国ホテルを意識して造ったそうです。

確かに赤い屋根と玄関の感じがよく似ています。内装は帝国ホテルよりもむしろ豪華だと思いましたが。
玄関の階段を上がると右にフロント、左に犬用の足洗い場があります。

玄関正面は開放感ある吹き抜けになってるリビングですが、左奥のリビングは喫煙の方用、真正面は禁煙と分煙されていました。
奥のリビングはバーになっていますが、その内装はかなり凝っていて、対の大きな馬の置物には圧倒されました。それと看板犬のGRのモコ君の大きな木彫りの彫像がありました。

鳥羽わんパラや伊豆わんパラにもある川畑画伯の犬の壁画ですが、高山の絵はどことなく違いました。壁に直描きではなくて額に入っている絵が多いのと色合いが落ち着いているんですね。
さて、チェックインです。まずはお約束の狂犬病予防接種、ワクチン接種の証明書を提示し「お客様とワンちゃんへのお願い」にサインをしてチェックインです。

この「お客様とワンちゃんへのお願い」はお客様が安全に滞在するための基本的なルールが書かれています。一人一人がこのルールを守れば犬同士のトラブルも未然に防げると思います。 晴らしいルールです。

そして、わんちゃんメニューもここでオーダーしました。

玄関にはお散歩時に、お客様用に雨や寒さ用のコートが準備され、ウンチ取り袋、おしっこ用にペットボトル入りの水が用意されています。
我が家は大型犬2頭でクレートも2台持参です。ちょっと広めのお部屋に通していただきました。


お部屋は、バストイレ付のツインベッドルームです。床は絨毯敷き、壁紙、カーテン、2人掛けソファー、に肘付椅子が2脚、テーブルとTVに冷蔵庫、全体に落ち着いた雰囲気です。

犬用のトイレ、シーツ、ウンチ取り袋、また各階のエレベーター近辺にシーツ、ウンチ取り袋、食器の大中小が備えられています。
お部屋には消臭剤、カーペット用コロコロが装備されていました。
まずは愛犬たちがお部屋のチェックです。初めての場所ですから、落ち着きません。あちこち嗅いでみて納得したようです。カーペットですからどうしても前の犬の臭いがしますが、梅雨時ですからちょっとくらい残っても仕方がないと思うのですが、不思議と臭いません。あとで伺ってみましたら、3ヶ月に一度はカーペットを洗っているそうです。なるほどですね。

それでなくてもあちこちに消臭スプレーが設置されていますから、もしも汚してしまってもすぐに始末出来るから臭いがしないんですね。
犬達が落ち着くまで、主人は、離れにある個室露天風呂に行きました。

温泉のお湯はタンクローリーが運んできます。

ドアを空けて靴をスリッパに履き替えます。ここは、休憩所のようになっていて、お水、マッサージチェア、トイレ等があり、くつろげます。
階段を下りると、アーチ状の廊下になっていて、右側にそれぞれの個室露天風呂のドアがあります。

家族貸し切りの温泉露天風呂がいっぱいあるのです。
今日は、No.8の岩風呂に入りました。
山の景色をみながら温泉に浸かるとくつろぎます。
マリヤとカレンの夕食の準備です。冷凍した手作り食を解凍しますが、電子レンジは1階のリビングにありました。
御飯を食べて安心したのかマリヤもカレンもやっとくつろいでいます。
夕食の時刻は何通りかから選べますが、6時からにしました。

館内にある「レストラン花鳥」では、大型犬の飼い主さん向けのテーブルに案内されました。窓際にフックが一つ。手前の角にフックが一つあります。大型犬2頭連れに最適な場所でした。

チェックインの時に愛犬用の御飯も注文してみましたが。何種類もあったのですが、鳥のささみと鮭と豆乳にしてみました。お宿で犬用のメニューをお願いするのは初めてでしたが、我が家の食いしん坊2頭はすごい勢いで食べてしまいました。(以下の二品)

 サーモン豆乳クリームポアレ


ササミボイル

さて私たちの夕食です。和懐石料理です。
こちらの名物料理はやはり飛騨牛ですから、お酒は赤ワインの「キャンティークラシコ」にしてみました。
このワインは、2006年で若いですが、バランスがいいワインで、おいしくいただきました。

最初に食前酒です。アルコールは抑えてさっぱりした美味しい一口です。

・旬菜肴 : 盛りつけが美しくて食べるのが惜しいくらいです。ピータン豆腐、いちじくの中に麩が入ってゴマ味噌の一品。レンコンとこんにゃく。中央に赤い沢ガニ。一つ一つがしっかりしたお味で手が掛かっています。

・お椀 : あぶりハモと冬瓜の椀。夏らしいお椀でした。

・お造り : 北陸の海で捕れた鯛と飛騨牛。

・温かい鉢 : アナゴ。

・箸休め : こおり梅、青梅を冷たくいただく。

・揚げ物 : ホワイトアスパラ、グリーンアスパラを湯葉で巻いて揚げ、サクサクとした食感です。

・鍋物 : 飛騨牛とお野菜の鍋、お肉は柔らかくお野菜も地場の野菜です。

・ごはん : お鍋のスープに御飯を入れておじや風にしていただきました。美味しかったです。

・甘味 : ヒアルロンサンジュレ、スイカ、マンゴー、白クラゲ、空豆、不思議な食感でした。

十分な質と量でしたのすべて美味しくて大満足でした。

ちなみに私たちは追加メニューをお願いしなかったのですが、飛騨牛石焼ステーキなどがあって飛騨牛を堪能したい方にはお薦めだそうです。事前予約した方がお得だそうです。

 旬菜肴


あぶりハモと冬瓜の椀


 北陸の海で捕れた鯛と飛騨牛


本日のサラダ


 アナゴの暖かい鉢


こおり梅


 飛騨牛とお野菜の鍋


ホワイトアスパラ、グリーンアスパラを
湯葉で巻いた揚げ物


 甘味
 
我が家の愛犬たちは先代トレーシーのように十分なしつけが入ってはいないのですが、少しづつこのような場で慣れて行ってもらおうと今回も夕食の席に連れて来ました。
お隣にはイタグレ2頭連れの飼い主さんがいらっしゃいました。

カレンはお隣のワンちゃんに吠えてしまいました。ごめんなさい。イタグレさん達とってもかわいい子達でした。
この日は金曜日でしたが、やはり梅雨時と言うこともあって満室ではありませんでしたが、レストラン花鳥の窓際のテーブルは全席埋まっていました。今日のお客様は小型犬の飼い主さんが多く、大型犬は我が家だけでした。

さて、食事も終わり、残ったワインをお部屋へ持って帰ります。その頃、窓から見える庭は照明でこんな感じに明るくなっていました。紅葉の季節はさぞや美しいでしょうね。
翌朝、7時に目覚め、まずは愛犬の散歩です。散歩中に私は愛犬の御飯の準備です。

散歩から帰って愛犬たちは御飯を食べ、朝食時は犬達は部屋のクレートでお留守番してもらいました。
朝食も和食です。朴葉みそが付きました。

他の方の体験記で朝食はバイキングとありましたが、宿泊客がそれほど多くなかったので個別にテーブルに用意されていました。すべて美味しくて大満足でした。

食後のコーヒー・紅茶はセルフでした。

食後、昨晩の夕食時に箸置きがとてもかわいかったのですが、売店に売ってました。思わずおみやげに購入しました。
さて、チェックアウトは11時とゆっくりです。

今日は高山わんパラに移動写真スタジオが来ます。我が家の犬達はもうすぐ3歳です。先代のトレーシーも3歳の時にプロのカメラマンに記念に撮っていただいたのですが、この子達も是非、撮ってもらおうと思いました。

ドッグランの横の駐車場に移動写真スタジオの車があります。中がスタジオになっているんですが、マリヤとカレンを別々に撮り、最後に家族全員で写真を撮りました。もちろん先代トレーシーのぬいぐるみも一緒にです。(移動写真スタジオ・ワンキャット)

撮影中なかなか待てが出来ず苦労しました。これも楽しい思い出ですね。
チェックアウトまでお父さんとマリヤとカレンは、ホテルの散歩道をゆったりとお散歩です。このお散歩道は小川があります。泳げるほどの深さはありませんが、水遊びには最適な小川です。
高山わんパラの看板犬モコ君、Webで見ていたので到着時にモコちゃんはいますか? と聞きましたら、フロントのカウンターから顔を出しました。いつもここにいるそうでとってもおとなしくて良い子です。モコちゃんという名前ですから女の子かと思っていましたら男の子でした。股関節が悪いらしく、警察犬訓練所で手放した犬をいただいたそうです。ちょうど4歳になったばかりだそうです。

高山わんパラのスタッフ全員がお世話をしているそうですが、こちらの支配人の方とモコちゃんの深い絆がとっても 敵でした。
ラブラドールやゴールデンだと泳ぎたい犬がいますが、なまじっか泳がせると乾かすのに大変です。

泳いでしまったらそれでもこちらはグルーミング室があるので問題ないんですけど。

大型犬も洗えるシンクとグルーミングテーブルがあります。
モコちゃんも支配人さんがこのシンクでシャンプーをしているそうです。ほんとに幸せなモコちゃんでした。
館内の愛犬サロンは食後、飼い主さんが犬達を遊ばせることも出来ます。

雨の時など、このようなプレイルームがあると有り難いですよね。

高山わんわんパラダイスホテルは 晴らしい立地にあるのはもちろんなんですが、建物、設備も素晴らしく、食事は最高、スタッフの方々はみんな親切で感じが良いし、犬にとって最高に優しいホテルだと思いました。
夏は高原の涼しさでもちろん最高なんですが、冬は雪遊び大好きな犬達にとって、最高の雪のドッグランになると思います。

大型犬が看板犬ですから、大型犬の飼い主さんの気持ちも良く判っているようで、すみずみまで気配りがされています。ゆったりと連泊されているご夫婦がいらっしゃいました。ここまで来たらやはり連泊したい気持ち判りますよね。

私たちもほんとうにゆったりとした最高の二日間でした。大変お世話になりました。また是非伺わせていただきます。今度は絶対に連泊で!
(2009/6/21)(LIVING WITH DOGS)
 

Wan's Resort 山中湖 の体験記1を読む
Wan's Resort 城ヶ崎海岸 の体験記1を読む
松阪わんわんパラダイスの体験記1を読む

伊豆高原わんわんパラダイスの体験記1を読む

伊豆高原わんわんパラダイスの体験記2を読む
鳥羽わんわんパラダイスの体験記1を読む
鳥羽わんわんパラダイスの体験記2を読む
鳥羽わんわんパラダイスの体験記3を読む
鳥羽わんわんパラダイスの体験記4を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記1を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記2を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記3を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記4を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記5を読む
八ヶ岳わんわんパラダイスの体験記6を読む
高山わんわんパラダイスの体験記1を読む
高山わんわんパラダイスの体験記2を読む
高山わんわんパラダイスの体験記4を読む
高山わんわんパラダイスの体験記5を読む
高山わんわんパラダイスの体験記6を読む

この宿のHPへ


新着情報

ステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォームステイウィズドッグアワード(人気ランキング)投票フォーム


お泊まり応援券が使える宿お泊まり応援券が使える宿


キャンセル速報キャンセル速報


宿体験記宿体験記


宿利用者マナーとルール宿利用者マナーとルール


ステイウィズドッグアワード2020の結果ステイウィズドッグアワード2020の結果


ステイウィズドッグ公式フェイスブックステイウィズドッグ公式フェイスブック


ステイウィズドッグ公式ツイッターステイウィズドッグ公式ツイッター


宿をさがす


[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿



[都道府県]

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城 千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫

中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 愛媛 徳島 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル ホテル オーベルジュ   ビジネスホテル 旅館 ロッジ 民宿 コテージ 貸別荘 コンドミニアム 公共の宿 ユースホステル 宿坊 リゾートマンション トレーラーハウス ウィークリーマンション キャンピングカー グランピング 山小屋 古民家 民泊

[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬 小型犬


[犬以外の受け入れペット]

ネコ ウサギ フェレット 小動物(左記以外)

[ロケーション]

シティ リゾート

[ペット同伴タイプ]

ペットも同伴できる普通の宿 ペット同伴専門の宿