ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | LIVING WITH DOGS

軒の宿データから


十勝清水 - ゲストハウス ラーダニーヴァ


北海道
北海道の体験記

東北

青森県の体験記

秋田県の体験記

岩手県の体験記

山形県の体験記

宮城県の体験記

福島県の体験記

関東

群馬県の体験記

栃木県の体験記

埼玉県の体験記

茨城県の体験記

千葉県の体験記

東京都の体験記

神奈川県の体験記


甲信越

新潟県の体験記

長野県の体験記

山梨県の体験記


東海

静岡県の体験記

愛知県の体験記

岐阜県の体験記

三重県の体験記


北陸

富山県の体験記

石川県の体験記

福井県の体験記


近畿

滋賀県の体験記

京都府の体験記

奈良県の体験記

和歌山県の体験記

大阪府の体験記

兵庫県の体験記


中国

鳥取県の体験記

島根県の体験記

岡山県の体験記

広島県の体験記

山口県の体験記


四国

香川県の体験記

愛媛県の体験記

徳島県の体験記

高知県の体験記


九州

福岡県の体験記

佐賀県の体験記

長崎県の体験記

大分県の体験記

熊本県の体験記

宮崎県の体験記

鹿児島県の体験記


沖縄

沖縄県の体験記


北海道で犬連れ客をメインとした宿はとても少ないと思います。私たちが唯一といえる、ゲストハウス ラーダニーヴァをネットで見つけ、北海道の最終日を離れる前日に泊まろうと決めていました。

場所は十勝清水といって、まさに道東と札幌方面を結ぶ主要ルート、日勝峠の麓にある町です。清水町はちょっとした町ですが、それほど大きな町でもありません。しかし鉄道が通っているので、まだ古き北海道の雰囲気が残っている町でもあります。宿がある周辺には、道東自動車道のインターがあるだけで、周囲には何もないといってもいい立地でした。

牧草地が隣接し、木々に囲まれてヨーロッパ調の低い白壁の建物が道路脇から見えました。ゲストハウスというと、インドやネパールによくある、どちらかというと寝るだけのようなイメージを持っていたのですが、見た目は木々に囲まれてなかなか欧風の静かな佇まいという感じです。

今日の宿泊者は私たちだけ。広々とした玄関も二重扉になっていて、犬の足洗い場もひろく、使いやすそうに作られていました。ロビーはダイニングと直接繋がっていて、そこにはラーダちゃんという猫が置物のように寝ています。くーは苦手な猫がいて、いきなり警戒モードに入ってしまいましたが、宿主の奥さんが出迎えてくださるとくーはしっぽを振って大喜び。

部屋にはそれぞれ出入りできるテラスがついていて、そこからも外の広々とした牧草地へ出入りする事ができます。部屋の中の装備は思いの外コンパクトで、シングルベッドが2つにユニットバス・トイレがあり、小さなテーブルと椅子のセットが1つに、小さいテレビがありました。シーツやカーテンもかわいらしく、統一されたものが使われていて、窓からは目の前の牧草地が広がっているのが見えます。

夕食まであと30分ほどあったので、外にある露天風呂に食事前に入らないかと言われました。犬も一緒に連れていってよいとの事で、喜んでお風呂に出発。玄関の先にある丘を少し登ったあたりに、お洒落な白壁の門があって、その先に手作りのウッドデッキがあるお風呂が見えました。横には門と同じデザインの脱衣所もあります。

くーを湯船の横に繋ぎ、私達は総木造りの湯船につかります。そこからは遠くに道路が見えますが、向こう側からこちらは見えない距離があり安心です。目の前には広々とした牧草地を見下ろす感じで、広大な風景が広がっていました。夕陽は雲が多いので無理でしたが、晴れていたらとても美しい風景だった事でしょう。

体が暖まったあとにすぐに夕食になりました。ボリュームと味はすごいもので、とても豪華なメニューに驚きました。焼き蟹の足、サラダ、刺身、じっくりと煮込まれて濃厚なビーフシチューなど。できたてで皆おいしいくおかわりまでしてしまい、食べ過ぎてしまいました。食事の合間に追加のおかずを出して下さる宿主さんは、その都度くーを撫でながら色々な話をしてくださいました。

くーは足元でフンフンと落ち着かない様子。ラーダちゃんがたまに通過するのを見つけるとグーと唸り、逆にラーダちゃんはくーを気にせず優雅に立ち去っていきます。この宿ができた経緯、前に住んでいた場所、ペット連れの宿としてのご自身のポリシーなど、どれも深くうなずきながら、今のこの快適な宿のできるまでを知りました。ただ、最近ずっと共にしてきた愛犬を老衰で亡くされ、その計り知れない悲しい出来事を聴いた時、このご夫婦は本当に犬との生活の為に、北海道にやってこられ、この宿を自分たちなりの桃源郷のようなイメージを持って、手作りで作ってこられたのだなと伝わってきました。

ダイニングのテーブルには、これまで宿泊した客の写真が沢山、バスケットの中に入っていました。これまでにもたくさんのお客さんが泊まっていったようです。また椅子や木製の犬や猫の小物は全てご主人のハンドメイドだそうです。この十勝清水という場所で、ペット連れの宿を運営しているというのは、正直な所失礼なのですが採算が取れるのだろうかと思っていました。実際の宿泊客の多くは道民ではなく、内地からの旅行者が多く利用しているらしく、まだ室内飼いというスタイルが少ない北海道ですが、これから前向きなペットも一緒に泊まれる宿のお手本の一つになれば嬉しいと思いました。

満腹で逆に苦しさを感じながら、翌朝までぐっすり眠れました。朝からくーは目の前の牧草地で大暴れ。思う存分走っても半分も使えない広大な草原で、くーは朝ディスクを楽しむ。私達はそれに一通り付き合ったあと、朝からまたボリュームのすごい食事を頂きました。焼きたてのクロワッサンもおいしく、おだやかにダイニングの大きい窓から差し込む朝陽にまどろみながら、北海道最終日の朝を堪能しました。

朝食後オーナーさんと会話の後、チェックアウト。最後に頂いたご主人手書き絵はがきには、愛犬への愛情がいっぱい感じらる暖かい姿が描かれていました。心温まったお宿でした。



(2005/10/11掲載)
(東京都、Yさん  くーたら日記
H
ill Breeze
)

十勝清水 ゲストハウス ラーダニーヴァ お宿情報





おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想 | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴












[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 詳細データ掲載 | おトク情報(特典・キャンペーン・イベント)掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿を登録する

Copyright © 1996-2017 LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。