ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | LIVING WITH DOGS

軒の宿データから


清里高原 - ペンション バーニーズ


北海道
北海道の体験記

東北
青森県の体験記
秋田県の体験記
岩手県の体験記
山形県の体験記
宮城県の体験記
福島県の体験記

関東

群馬県の体験記
栃木県の体験記
埼玉県の体験記
茨城県の体験記
千葉県の体験記
東京都の体験記
神奈川県の体験記

甲信越
新潟県の体験記
長野県の体験記
山梨県の体験記

東海
静岡県の体験記
愛知県の体験記
岐阜県の体験記
三重県の体験記

北陸
富山県の体験記
石川県の体験記
福井県の体験記

近畿
滋賀県の体験記
京都府の体験記
奈良県の体験記
和歌山県の体験記
大阪府の体験記
兵庫県の体験記

中国
鳥取県の体験記
島根県の体験記
岡山県の体験記
広島県の体験記
山口県の体験記

四国
香川県の体験記
愛媛県の体験記
徳島県の体験記
高知県の体験記

九州
福岡県の体験記
佐賀県の体験記

長崎県の体験記

大分県の体験記
熊本県の体験記
宮崎県の体験記
鹿児島県の体験記

沖縄
沖縄県の体験記


今年、子供の夏休みに犬連れ旅行を初めて企画した障害犬ゴンのファミリー。

最初は主人の休暇と予算の問題もあり、八ヶ岳わんわんパラダイスさんで1泊だけの予定を組んでいました。しかし、車で6時間もの距離を移動するのに1泊ではかなりハードな旅が予想されます。そこで、ここは思い切ってもう1泊することに。

わんパラさん同様、小さな子供と障害犬を連れての旅ですからコテージで検索しました。ちょうどわんパラさんで宿泊予定の翌日にバーニーズのコテージが空いていましたので、2日目はペンション・バーニーズさんにお願いしました。

ゴンのトイレの問題(導尿とオムツ使用の為お尻洗浄の必用)があったので、お断りされることも覚悟していましたが、とりあえずメールで事情を説明すると部屋風呂の使用許可もいただけたので、2日目はバーニーズに決定です。

駐車場からペンションの門までは10段ほどの外階段があり、ゴンを抱いて上がるのが少し大変ですが、門をくぐるとゴンは自分で歩きたがりましたので下ろして様子を見つつ、荷物をコテージまで運びました。上がったお庭はフラット、かわいい鳥の水浴び場と季節のお花がお出迎えしてくれました。門を開けて右に入るとペンション。左に入るとお庭のドッグランが広がっていてその奥にコテージです。

チェックインはペンションのカウンターで。

オーナー夫人より「犬をベッド・ソファに乗せない」「糞の始末は部屋のゴミ箱ではなく糞用の捨て場に」「2階には上がらないように」と事前に説明とルールの確認があり、カギを受け取りコテージに入室しました。ペンションの窓からアルバイトの女性とオーナーさんのお嬢さんがにこやかにご挨拶。

コテージの玄関前にデッキスペースがあり、ドア横に靴箱と犬の足拭き用バケツ・雑巾が設置されていました。

室内に車椅子を持ち込みは基本NGですが、タイヤを綺麗に拭けばOKとのこと。(我が家は車椅子は玄関ドア横に家族の靴と一緒に置いていました。)

コテージ内は全室禁煙、喫煙はデッキのみOKで木製ベンチとテーブルと灰皿が置いてあります。
喫煙者にはちょっと辛いかも知れませんが、室内禁煙にしているおかげでお部屋は、タバコ臭・犬臭も無く全くナシ!空気清浄機が設置していることもあって快適でした。

ドアを開けると、正面に2階へ向う階段が伸びていて、階段裏にペットシーツ・消臭スプレーや犬が粗相した時用の掃除グッズがさりげなくちなさなカゴに纏めて置いてありました。我が家は車で移動中の心配もあり持参しましたので使いませんでしたが。

階段の作りも開放感が損なわれないように工夫されていたように思います。(子供や犬にはちょっと危ないかも?と思います。2階に上がらないように事前に一言あったのはこのことが理由では?と思います。)

2階のお部屋には入っていませんがHPの画像を観る限りでは2階のお部屋が一番広くて豪華そうですね。チャンスがあったら次回は2階で寝てみたいです。

リビングには数箇所、壁掛けフックが取り付けてありました。旅の大荷物もすっきり片付きますね。

リビングにある木製のソファとテーブルもお部屋の雰囲気を盛り上げてくれています。
大きな窓があり、外の涼しい風が吹き込んできます。
プライバシーも考慮されていて、外から部屋の中が見えないように、フリルをたっぷりと使ったレースのカフェカーテンが吊ってありました。コテージが広いので親子3人+中型犬1匹だとかなりゆとりがあり、もう1家族と一緒でも良いくらいです。グループ旅行にも対応できそうですね。キッチン&ダイニングも清潔で広々としています。

ポットにはお湯が沸いていていつでも好きなときにお茶やコーヒーが飲めるよう準備されていました。
ダイニングチェアーも予め子供用のハイチェアーを置いてくださっていました。オーナーさん宅にも小さいお子さんがいらっしゃるとのことで、所々に子連れに嬉しい配慮がされていてます。

トイレ・洗面所・お風呂も広く清潔で、お部屋の壁やトイレにもポプリが置いてあるので、爽やかな香りがほんのり漂っています。

心配していたお風呂ですが、洗い場も十分な広さがあり浴槽も大人が足を伸ばして浸かれる大きさでした。家でもゴンは浴槽には入れませんので浴槽自体の大きさにはこだわりませんが、洗い場は広いに越したことが無いのでありがたかったです。ゴンのお尻洗いが非常に楽にできました。

(我が家は温泉好きの娘の希望で近くの温泉に行きましたのでお風呂には入らず仕舞いでしたが)

1階主寝室には既にベッドが2台壁に寄せて引っ付けて並べてあって寝相の悪い娘と一緒でも安心して過ごせました。
クローゼット(収納スペースも広い)が鏡張りになっているので窮屈感がありません。
身支度もクローゼットの鏡で全身チェックも大丈夫。

小窓にはコテージの雰囲気にぴったりのカントリー風のレースたっぷりのカーテンが吊ってあり、ドアノブからランプや鏡等の小物もセンスの良さが伺えます。お部屋の雰囲気はラブリーで娘はさっそくベッドに乗ってご機嫌。ドールハウスの中に入り込んだ気分に浸っているようでした。

隣寝室はベッドが1台。ちょっと小さめのお部屋でしたがココも1階主寝室同様にかわいいお部屋でした。
親子3人+中型犬1匹だと広すぎるくらいですが、ちょっとリッチな雰囲気を味わうのには最高のお部屋でした。
お部屋の探検も一通り済んで、ゴンをお庭で遊ばせました。
車椅子に乗せる前からもう外で遊びたくてうずうずしてるゴン兄は、チャリも装着せずに飛び出し…
捕獲してチャリ装着。

お庭のドッグランはフラットで障害物も無く見通しが良いので安心して遊ばせることが出来ます。
ゴン兄は隅々を匂いを嗅ぎながら探検。時々草の食べ歩きでとても楽しそうでした。
ノンはたんぽぽやクローバーを摘んではお部屋にお持ち帰りしていました。
夕飯までまだ時間があるので、朝待ち合わせした萌木の村までもう一度行くことに。

ここでホール・オブ・ホールズのオルゴールコンサートに参加しました。隣のショップでまたまたお土産を購入。

ちょうど良い時間になったのでバーニーズに戻り、夕飯まで暫しのんびり寛ぎタイム。

お土産に購入した木のオモチャでノンと遊んでいると、オーナー夫人が食事を運んできてくれ、夕飯開始。「お料理が冷めないうちにどうぞ〜」と声をかけられ着席。

ダイニング後ろにペンションと繋がる通路があってそこからお料理が順番に運ばれてきます。(今思えば、わざわざ靴を履いてペンションの玄関から入っていかなくてもここから私達も入れたのでしょうか?確認していなくてすみません。)

この日のお料理は大人二人はフレンチのコース。子供はお子様ランチでした。
ゴン父はフレンチが苦手らしくいつも敬遠するのですが、部屋食ということとお箸が用意されていたのが気に入ったようでした。スープと前菜から始まって最後のデザートまで待たされることも無く、急かされるでもなくタイミング良く次ぎのお皿がでてきました。 最初に前菜・スープ・サラダと一緒にバゲットが、メインのステーキと一緒にご飯も出たので、ご飯好きの我が家には嬉しいオマケ。家族全員、舌もお腹も満足したようでした。

最初にでてきたポタージュスープがコーンスープのようだけどほんのりトマト味がして、コブタがおかわりを要求するほどお気に入りの味。中身を聞いておけば良かったです!!

お魚のソテーをコブタと半分こ、ステーキは一口食べて残りをゴンとコブタで半分こ。
全部美味しく戴きました。

ゴン兄は食事中、大人しくアザラシベッドで寝て待ってくれました。ゴン用に残しておいたステーキを見せて呼ぶとテーブルの下に来たのでゴンのお茶碗に入れてやると一口で完食。犬って美味しい物ほどよく噛まずにすぐ胃袋直行ですね。

今回はコテージ泊だったのでペンション内の構造も把握しておらずペンション内施設も使用するチャンスが無かったのですが、次回はもう少しそちらも見てみようと思います。
食後、コブタが温泉に行きたがったので近くにある「天女の湯」まで車で行ってきました。
外観がオシャレで温泉と言っても上品なスパリゾートでした。プールやパターゴルフの施設もあるのですが、ゴン家が行ったのは夜でしたのでお風呂だけでした。
汗を流して露天風呂と内風呂を交互に入りお風呂を堪能してペンションに戻りました。

お風呂でサッパリして気持ち良くなったのか娘はそのまま夢の国へ、この日はゴン父と寝たいと約束をしていたので父と子で1階主寝室に。

デッキのベンチでコーヒーを飲みながら涼しい風に当たりつつぼんやりのんびり。

静かな夜の時間をこうして過ごすのも良いものですね。

その後私は隣寝室へ。ベッドの下にゴンのアザラシベッドを置くとゴンも大人しく眠りにつきました。

早朝からゴソゴソしだしたゴン兄に起こされ、家族全員起床。朝の支度やお散歩で人や犬の気配を感じ出したのか吠え出しましたが、自分達だけの空間なのでこちらの気持ちにも余裕が持ててコテージを選んで正解だと思いました。

朝食を待つ間、またまたお庭で遊びの時間、前日同様に探検するゴンとたんぽぽ摘みに夢中のコブタでした。

ペンションにはプレイルームがあるのでお天気が悪いときはここでちょっとした時間潰しには良いかもですね。

この日は快晴でしたのでプレイルームには入らずずっとお庭で遊んでいました。

お庭には遊具等はありませんが、お日様と土と草と花があれば、それだけで子供も犬も楽しいようでした。

朝食の時間になり、オーナー夫人が朝食を運びに来てくださいました。
朝食はパン・スクランブルエッグ・ソーセージ・サラダ・ヨーグルト・ジュース&好きな飲み物定番の朝食メニューですがボリューム満点、お昼までお腹が空くことはありませんでした。(画像撮り忘れてすみません)

ゴン父がチェックアウトの手続きと支払いをしている間、(バーニーズはクレジットカードが使えません。)食後もまたお庭とコテージを行ったり来たりしつつ、ゴン兄とノンはそれぞれ遊んでいました。その間に母ちゃんは荷物の片付け、ゴン兄の導尿とオムツ交換も済ませ10時前にチェックアウトしました。

せっかく犬連れ専用のペンションに来たのにコテージに泊まりましたので、同じ日に宿泊していたお客さん達とは特に交流のようなものは出来ませんでした。自分達だけの世界で少し寂しい気もしますが、迷惑をかけてはという心配の方が先に立っていたので、これは仕方ないですね。次回の旅行はもう少し他のお客さん&犬さん達とも交流が上手に出来ますように。

今まで旅行と言えば、観光地で目いっぱいのスケジュールを必死でこなしているような 慌しい旅でしたが、今回のようなのんびりゆったりぼんやりした旅も良いものですね。

今振り返ると、やってないことも行っていない所もたくさんですが、出来ればもう1〜2泊できればもっと清里の観光も楽しめたかもですね。

我が家のような子連れ障害犬連れ旅行初心者には当然満足のお宿でしたが、プライベートな時間をのんびり過ごしたいとお考えの方や、お子さん連れの方にオススメしたい宿です。

(2007/10/2)(大阪府、mizuhoさん)

この宿のHPへ





おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想 | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴












[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 詳細データ掲載 | おトク情報(特典・キャンペーン・イベント)掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿を登録する

Copyright © 1996-2017 LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。