ペットと入れるカフェとレストラン | 犬グッズとサービス | LIVING WITH DOGS

軒の宿データから


ある宿からの切実な声




 新規お宿登録フォーム

 マナーページへのリンク方法

 詳細データ登録フォーム

以下は登録済みのお宿様向け


 おトク情報(特典・キャンペーン・イベント)の掲載


 近況アップデートの掲載

 求人広告の掲載

 お宿様専用連絡フォーム

 キャンセル速報の掲載

 追加情報登録フォーム1 - 看板犬・犬以外のペット・クレジットカード

追加情報登録フォーム2 - TwitterとFacebook

追加情報登録フォーム3 - 諸費税増税に伴う改定後料金


追加情報登録フォーム4 - Instagram



お宿広告掲載のご案内

標準広告の空き状況と料金

掲載手続き

有料登録と無料登録の違い



標準広告

トップページ広告(A枠)

トップページ広告(AT枠)

トップページ広告(AM枠)

検索結果広告(C枠)

検索結果広告(CP枠)

検索結果広告(CT枠)

県別広告(P枠)

特別広告

特別広告掲載のご案内



ペット受入をお考えの宿泊施設様へ


人間にとってもペットにとっても快適な宿泊施設

最低1室だけペット同伴可に

宿泊施設オーナーへの提言

パイオニア的犬連れ宿泊施設様への提言

宿泊施設での補助犬受入れの心得

ある宿からの切実な声

ある宿でのこと

犬にとって良いドッグランの仕様



お宿様向けご案内



ある旅館の方から、残念なメールが届きました。小型犬を無料で受け入れて下さっていたお宿でしたが、もうペットの受け入れはされないそうです。
参考の為にどのようなことがあったのかお尋ねしてみました。(2005/01/10)(LIVING WITH DOGS)
 

長い間たいへんお世話になり有り難うございました。

私も犬が大好きで家族の一員として癒されていますのと旅行の計画の際に非常に困り少しでも同じ悩みの方の手助けになればと思い、受け入れをさせていただきました。
しかし残念な事にペットを連れて見えますお客様のマナーが良くないため残念乍ら受け入れを断念するしだいです。理由については下記に記させて頂きますのでご参考にして頂けますと幸いです。

● 玄関にてペットの足を拭かずに上げられる。(外が濡れていても)
● 小型犬のみと記されているにも関わらず20kg以上のペットを連れてみえる。
● 夜、お風呂に施設に無断でペットを入れられる方がみえた。
(他の宿泊のお客様と鉢合わせして苦情がありました)
● 寝具でペットがお漏らしをし、申し出がないまま押入の寝具と交換された。
(他の布団の間に入れられたので3組の布団が使用不可に)

以上のような理由ですが一番のネックとなりましたのは最後の件が最大要因です。
※ ペットを無料でお受けしている意味をご理解いただけないのが寂しく思う現状です。
(もちろん理解して頂けますマナーの良い方もみえます) 


もしも LIVING WITH DOGS から検索されて利用したお客様であったら、申し訳のないことと謝罪の意味でお尋ねしましたところ、「LIVING WITH DOGSからのお客様はマナーある方ばかりでした。」というお返事でした。とりあえずはLIVING WITH DOGS の読者でなくて良かったとは思いましたが。悲しいかな、このままでは、どんどん開拓していったお宿がペット不可となりかねません。

また他のお宿でも、お客様のワンちゃんの悪戯で家具を破損された。

壁がしっぽの傷で血だらけになってしまい、お部屋を数週間使えなくなった、等のご報告もありました。

このままでは、ペット可を断念されるお宿がどんどん増えてくるでしょう。

そうなったら、犬は旅行に連れていけなくなってしまいます。それこそ、ペット専門宿だけしか行けなくなってしまう。それでは寂しいですよね。 
 

利用者の方へ

■人間だけならいくらでもどこでもいろんな宿に泊まることができます。
しかし、犬連れの場合は、犬のあらゆる行動は飼い主の責任です。利用者のマナーとルールを守って、犬同伴可の宿を利用していただきたいと思います。
1人のマナー/モラル外れな振る舞いが全犬連れ利用者の印象を悪くしてしまいます。

[お願い]

・  万一、犬が粗相をしても正直にお宿の方へ伝えましょう。
・  もし、ドアなどを破損したら、弁償を申し出ましょう。
・  そして今回の失敗を次回の宿泊のための改善テーマとしてください。
そうでなければ犬同伴可にされた良いお宿がどんどん減っていくでしょう。
そうなるとマナーとルールを守って楽しい犬連れの旅ができなくなります。
是非、ご協力をよろしくお願いいたします。

■宿を予約する前に、その宿の犬同伴に関するルール、及び、弊サイトのマナーとルールの内容を是非確認してください。
もし、まだ、「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」http://living-with-dogs.jp/stay/index.html#manner-rule へリンクされていない宿がありましたら、弊サイトの「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」をご覧いただき、その内容を確認してから予約していただきたいので、よろしくお願いいたします。

■「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」を多くのお宿様のページからリンクしていただき、利用者のマナーとルール遵守することをより広めていきたいと考えています。
もし、「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」へまだリンクされていないお宿であなたが良かった、満足できた、今後も犬同伴可を継続してほしいと思われるお宿がありましたら、こちらからリンクをおすすめしたいので、お知らせいただきたいと思います。

お宿様へ

■施設の運営方法などは個々に異なると思いますが、できるだけお客様とコミュニケーションしていただければと思います。
少しの会話であっても、会話がある無しでは全く違います。
少しの会話で、お客様と宿側のコミュニケーションができるようになり、犬同伴に関するトラブルも低減するでしょう。

■利用者の方が宿ホームページを見て予約される時に、弊サイトの「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」をご覧いただき、確認いただいた上で予約記帳をしていただきたいと思います。
弊サイトの「LIVING WITH DOGS 宿利用者マナーとルール」は最低限の基準です。

 

 






おトク情報 | 新着記事 | キャンセル速報 | 近況アップデート | 宿感想 | 宿体験記 | 新着の宿 | 求人広告 | サイト更新履歴












[都道府県]


北海道・東北
北海道 青森 秋田
岩手 山形 宮城 福島

関東
群馬 栃木 埼玉 茨城
千葉 東京 神奈川

■甲信越

新潟 長野 山梨

東海・北陸
静岡 愛知 岐阜 三重
富山 石川 福井

近畿
滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫


中国・四国

鳥取 島根 岡山 広島
山口
香川 愛媛 徳島
高知


九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎
大分 熊本 宮崎
鹿児島
沖縄

[宿タイプ]

ペンション プチホテル
ホテル オーベルジュ  
ビジネスホテル 旅館
ロッジ 民宿 コテージ
貸別荘 コンドミニアム
公共の宿 ユースホステル
宿坊 リゾートマンション
トレーラーハウス
ウィークリーマンション

キャンピングカー
グランピング


[同伴可部屋数]

全室 2室以上 1室のみ

[犬のサイズ]

超大型犬 大型犬 中型犬
小型犬


 


(当ページをご覧になる際には、掲載日付をご確認ください。)


会社情報 | サイトマップ | サイトポリシー | ヘルプ | お問い合わせ
お宿様向けメニュー | 広告掲載 | 詳細データ掲載 | おトク情報(特典・キャンペーン・イベント)掲載 | 近況アップデート掲載 | 求人広告掲載 | 宿を登録する

Copyright © 1996-2017 LIVING WITH DOGS Co.,Ltd. All rights reserved.
当サイトの全部または一部をあらゆるメディアに無断で複写・複製・転載することを禁じます。